木について

cosine

コサインが使っている木の種類について

コサインが使用する木はおもに、メープル・ウォルナット・ナラ・サクラの4種類。
特に、絹のように滑らかで明るいメープルは、コサインを代表する素材です。
木は製品に姿を変えたあとも、時間を経るごとにその色を深く変化させます。
”使い手”が、”木とともに”楽しく豊かに齢を重ねる。そんな毎日をコサインは願っています。

  • メープル
  • ウォルナット
  • サクラ
  • ナラ

メープル

白く艶のある、透き通るような木目。

樹液はシロップに利用され、カナダ国旗でも知られる樹種です。
コサイン製品は、厳しくも美しい北アメリカの大自然で、樹高40m、直径1m位に育ったハードメープルを材料としています。
欧米では古くから家具などに使用されてきた木材で、強靭な材質から、床材として、またピアノやバイオリンなどの精巧な楽器用の材としても重用されています。時を経るほどにとろっとした飴色に美しく変化します。木肌は精密で木目は通直ですが、ときに鳥の目のようなバーズアイ(鳥眼杢)や縮み杢などの杢が現れ珍重されます。

ウォルナット

格調高い最高級の銘木。

世界三大銘木の一つにあげられるウォルナット。くるみの木といえば、身近に感じていただけると思います。その重量感ある風合いから、ヨーロッパではルネッサンス時代より家具用材として親しまれてきました。
西部の開拓時代には、鉄を打ち込むと材料の色が濃くなると信じられていて、釘や弾などが打ち込めれたので、製材から弾が出てくることがあります。(実際に出てきました!)加工しやすく耐久性も強い材です。木材成分(タンニン)の影響で、使い込むほどに明るい茶色に経年変化する美しさも魅力です。

サクラ

日本の代表的樹木。

私たちが使っているのは、北海道産の“ヤマザクラ”。
材質は粘りがあって強く、切削加工が容易で反りも少ないので江戸時代の浮世絵や書籍の印刷用の版木はほとんどヤマザクラでした。ヤマザサクラは大きい材がとれないので、サクラの特徴である赤みと白太の部分がはっきりと分かれて出る部分があります。このような自然が織りなす美しい色合いを楽しんでいただきたい材です。
色の変化は比較的早くおこり、使い込むほどに艶が増し紅褐色に変化していきます。

ナラ

多くの生物を育むドングリの木。

雄大な樹形と生命力は「森の王」と尊敬されてきました。ゆっくりと成長する広葉樹のため、家具素材となるのは樹齢150年以上がほとんどの貴重な材です。「虎斑(とらふ)」という独特のトラの縞模様のような模様はナラ材の特徴のひとつです。
強度・耐久性に優れた材は、古くから建築や家具、船材などに重用されています。また液体の透過性が低く、含まれるタンニンなどのポリフェノール類が酒に溶け込み芳醇な香りを醸し出すので、ウィスキーやワインの醸造樽に最適です。

木目について

同じ商品は形は同じですが、見た目が同じものはひとつとしてありません。 それは、長い年月をかけて自然がつくりだした木目や木色が無限の形や色だから。
たとえば、メープル材は共通的な特徴はありながらも、木目は、濃い、薄い、まっすぐ、山型や波型、杢の有り無しなどがあり、 木色は、白っぽい、黄色っぽい、肌色っぽい、桃色っぽいなどがあります。
自然のデザインは、すべてがスペシャルなデザインです。 コサインでは、すべての材料に感謝し、使い切る工夫をして、ものづくりをしています。

特徴的な木目の表情

杢:木目の模様で、特に装飾性の高いものを杢(モク)といいます。

バーズアイ(鳥眼杢)

ハードメープル類にだけ現れる杢です。玉粒が多く、均等に入っているものは希少価値が高く大変高価で、高級家具材や楽器材として重宝されています。ギリシャ神話の中では、「幸せを呼ぶ木」として登場します。

チヂミ(縮杢)

木目が波状に縮んでシワが寄った様に見える杢です。弦楽器の甲板として重用されたことからバイオリン杢と呼ぶこともあります。画像はウォルナット材の縮杢ですが、いろいろな木に現れる杢の代表的存在です。

トラフ(虎斑杢)

虎の毛の縞模様のように見える杢です。土壌のミネラル分を吸収した跡がスジ状の木目になります。色の濃さや斑の角度によって評価され、同材の他組織に比べ光沢があり、「シルバーグレイン(銀杢)」とも呼ばれます。

特徴的な木目の表情

節とは、何十、何百年、森で枝葉を伸ばし、生きていた証拠。「節も木が持つ表情のひとつ」コサインでは、このように考えています。 適正な方法で木取り、必要があれば適切な処理を施し、適材適所に組み立てます。節による、強度不足や歪みの心配はありません。 木目や節を個性として愛着を感じていただき、いつまでも愛用していただければわたしたちは幸せです。

特徴的な節などの表情

節(ふし)

節は枝が幹の中に巻き込まれた部分です。節は枝があった跡で、枝には葉がついていて、その葉によって光合成が行われ木は成長します。木が生きていくための光合成に重要な痕跡である節は、木にとってなくてはならないものです。
木材は等級分けされ、小さな節があるものは、「小節」という呼び方もあります。節が全くないものは、無節(むじ)と呼びます。

入り皮(いりかわ)

樹皮が成長過程で木材内に入り込んで残ってしまったものです。「バークポケット」とも呼ばれます。

Recommend

私たちは、北海道・旭川で
木のものづくりをしています

  • ASAHIKAWA コサインのある街 旭川
  • ぐるりさいくる ecosine
  • DESIGNER コサイン製品のデザイナー
  • ABOUT コサインについて
  • VISION コサインが伝えたい暮らし 5つの約束
  • つながる仕合わせ 社長ブログ
  • TREE 木について
  • FINISH 塗装について
  • mail magazine メールマガジン 購読/解除

Products

豊かな暮らしを彩るアイテムが勢揃い

cosine Style

暮らしやすさを叶えるスタイル提案

  • GIFT コサインの木の生活道具は贈り物にも最適
  • ACCESSORY 毎日が楽しくなる暖かい気の小物
  • KIDS 豊かな心を育む木のおもちゃ 子どものための家具
  • RELAX お気に入りの服に囲まれてリラックスできる空間
  • COMFORT みんなが自然に集まるリビング・ダイニング
  • ENTRANCE 家族もゲストも暖かく迎え入れてくれる玄関
  • Liite 余白のある生活を楽しむ
  • COMPACT コンパクトでありながら心地よい空間をつくる
  • DRESS RACK コサインのベストセラー「ドレスラック」
cosine sellection
  • cosine BOOK
  • cosine Online Shop
  • ASAHIKAWA DESIGN
  • ASAHIKAWA DESIGN WEEK

コサイン旭川本店

〒079-8453
北海道旭川市永山北3条6丁目2-26
TEL 0166-47-0100 
FAX 0166-47-7450
営業時間:10:00~17:00 
(水曜定休・祝日の場合は営業)

コサイン青山

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-5-4SEIZAN 外苑101
TEL 03-3470-7733 
FAX 03-6804-2611
営業時間:11:00~19:00 
(水曜定休・祝日の場合は営業)

コサイン札幌

〒060-0005
北海道札幌市中央区北5条西4丁目7番地
大丸札幌店 7F ライフスタイル雑貨売場
TEL 011-828-1297(担当:佐藤・広田・岡部)
営業時間:10:00~20:00 
(元日を除き営業)

page top