株式会社コサイン

ホーム │ サイトマップ
  1. ホーム
  2. 住まいと暮らしに役立つコラム
  3. 川尻 明世志 simple and modern
  4. 材質の違いを知るとインテリアコーディネートがプロ級に変わります

川尻 明世志 simple and modern  [ 材質の違いを知るとインテリアコーディネートがプロ級に変わります]

 
インテリアコーディネーターでも意外と知らない材質の違い

敵を作るつもりはありませんが
数多くのハウスメーカーとのお付き合いを通じて
設計担当者やインテリアコーディネーターの方でも
材質の違いがあまりよく分かっていないという印象を受けています。

それだけ建材の仕上げが本物とイミテーションの差がないほどに
進化しているからとも言えます。

イミテーションの建材は自然保護という観点から生み出され、
今ではすっかり定着しているので、天然素材を見かける頻度も落ちています。

ですから
プロでも見分けられないというのもわかる気がします。

そのため
今ではイミテーションの建材(木目調)しか知らないという方もきっと
少なくないでしょう。

そして
木(モク)と言ったら昔の家のタンスなどを想像してしまい
「やぼったいもの」というイメージがあるのかも知れません。

今の若者は無機質でデザイン性に富んで価格が安いものを望む一方
他にはないもの=高級な一点ものを探す方も増えているようです。

つまり
大型インテリアショップのファンや
それに加えてインテリアショップのショールームなどにも足を運ぶファンも少なくありません。

家具の選び方には自分なりの法則を持つことは良いのですが、
そこにプロの知識も織り交ぜてもらえたらさらに良くなると思います。

プロのインテリアコーディネーターは家具をこう選ぶ

プロのインテリアコーディネーターは家具を選ぶ時にまず
家の「格」にふさわしいものを選びます。
(ここでは海外ブランドの家具には触れません)

家具にも「格」がある

家具は家だけではなく自分をも表すアイテムの一つですから
全てとは言わないまでもある程度はこだわりたいものです。

どうしてもデザインに目が行きがちなのですが
ここで必ず確認しななければいけないことがあります。


それは材質表示です。

材料は大きく分けて、作り物(木目調)か天然素材になりますが
プロでも一目見ただけではその違いが分からなくなったりすることもあります。

ならば材質にこだわる必要は無いように思えますがそれは違います。

天然の杢(モク)でも無垢材と練り付け(ねりつけ)という違いはあり、
プロの間では無垢材と貼り物という呼び方で分けているのですが
難しくなるのでその話もここでは触れません。

そこで天然の材料と木目調の建材の大きな違いは
自然な木目と塗装の味わいが織り成す柔らかさと高級な質感と木の匂いだと思っています。

そして経年劣化で色が変わったりするなどしますが
これが人を落ち着かせる要素となっています。

これは人間が昔、木に守られていたという無意識レベルでの記憶が呼び起こされるからなのかも知れません。

近年ではこの木が持つ柔らかさや匂いや質感ではなくシンプルでモダンな建材が
オシャレだということで主流になってきていますが、
天然素材の家具を見る機会も少ないゆえに知らないだけなのかもと感じています。

建材においてはあくまでも人の好みなのですが、
家とのバランスを考えるプロのインテリアコーディネーターは
材質にもこだわりを持って家に合う家具を選び抜きます。

ですから
家具ショップに足を運んだり家具メーカーから建材サンプルを取り寄せて
比較するという作業を繰り返しています。

これでインテリアコーディネーターが簡単に家具を選んでいるわけではないということが
お分かりでしょうか。

ですから家具を衝動買いしそうになったら、
自分がインテリアコーディネーターになったと思って材質の確認をし、
慎重に家に合った家具を選ぶと良いでしょう。

最後に

家具の価格の差は材質によることだけではなく
フォルム(デザイン)によって変わるということを知ってください。

例:フォルムが柔らかくて美しい本物素材の家具
 
coitti
キッズデザイン賞を受賞したcoittiデスク、coittiチェア。
リビングやダイニングでも使いやすいコンパクトな『coitti』は、子どもの成長に合わせて、キャスターや延長脚を取り付けて高さを調節できます。
キャスター付きなので、状況に応じて場所を変えて学習できます。

詳細はコサイン公式通販サイトでご確認ください。
 
カワジリデザイン 川尻 明世志
 
 
 
 
 
 
Instagram
 

メディア掲載情報

『家庭画報2017年10月号』 にて新製品『coitti デスク』『coitti チェア』が紹介されました

掲載情報

2017/09/01
[掲載内容]新製品『coitti デスク』『coitti チェア』が紹介されました。

『トク旅北海道』2017にコサイン旭川本店情報が掲載されました

2017/06/01
[掲載内容]コサイン旭川本店の情報を掲載して頂いています。

『CONFORT No.156』にてコサインの子ども家具が紹介されました。。

2017/03/10
ハンガー(子ども用)、子どもラック、お絵描きシェルフを紹介して頂いています。

 

↑ PAGE TOP