■北海道立高等技術専門学院

2012年8月24日(金)曇(19℃27℃)
今日も、最高の一日でありますように。

【今日の一枚】

(北海道功労賞)

昭和44年に北海道開発功労賞制定。本道の経済、
社会、文化等の発展に貢献し、その功労が特に顕著
な個人又は団体を対象とする賞で、北海道知事が
手渡す最高の賞と聞きます。その賞に、この度旭川
をこよなく愛し、旭川家具を世界に知らしめた実績
が認められ10月17日に、長原實氏が授賞します。
長原氏は、私の師でもあり現在公立の「ものづくり
大学」設立のための市民活動の中心となって努力さ
れています。私達も誇りとして共に頑張ってます。


(旭川に公立「ものづくり大学」の開設を目指す市民の会)

~「旭川家具づくりびと憲章」~

【五、次代の家具作づくりびとを育てます。】
「これまで培った産学官一体の土壌を生かし、
技術と文化を継承する人材を育成しながら、挑戦と
実績を重ねていきます。」

■北海道立幸等技術専門学院
先日もお伝えしましたが、現在道内8市に十数科目
の技術を2年に渡り習得し、企業で貢献できる技術者
を養成輩出しています。家具製作に関わる科として、
 「造形デザイン科」が旭川、北見、帯広の3市にあり、
ものづくりに魅力を感じた若者が学んでいます。

1949年(昭和24年)公共職業補導所として1年過程で
職業訓練が行われました。その頃は、中卒者が対象で
した。1年間家具作りを学び、道内の家具メーカーに
就職して行きます。 現在は、高卒者が対象となった
2年制になり幅広い知識と技能を学んでいます。
さらに、デザイン系の大学も旭川に開設され旭川家具
は機能的かつ情緒的家具が作られる産地として、全国に
知られるようになり、各校とも貢献しています。

 

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ
(1516)


コメントは受け付けていません。