~「技法に妥協しません。」 5 ~

「2012年4月24日(火)薄曇(6℃)」
今日も、最高の一日でありますように。

【今日の一枚】

(21~23日、函館に行って来ました。今年は例年より
遅れていると言っても、さすがにサクラは蕾状態でした。
コサイン社の未開拓の地でもありますので、仕事も兼ね
ての3日間でしたが、流石に遠い。 高速で7~8時間
かかります。)

~「技法に妥協しません。」 5 ~
【フィンガージョイント】
幅の広い天板を作るためには集成材を製造しなければ
出来ません。そのためには数枚の板を接着して作りま
すが、ただ板と板を擦り合わせる方法から様々な方法が
ありフィンガージョイントもその中の、接着方法のひとつ。

板の端部をジグザグにカットした部分を突き合わせ、接着
接合して継ぐ方法。その継ぎ手部分のジグザグが指のよ
うに見えることが、この名の由来。

天板以外には、丸太を輪切りにした部分を「木口」(こぐち)
と言いますが、木口同士を擦り合わせて接着すると強度的
に弱いため、このフィンガージョイントを用いて接着す事で、
強度を保つ事が出来ます。 

私が見習いの当時から使用されていましたが、このジグザグ
の模様を見せることはタブーであったと聞いた事があります。
しかし、勤めたメーカーではあえて意匠として使用していました。
このフィンガージョイントにより、難しい形も作る事が出来る優れ
物です。

コサイン社でも、製品の要所要所にフィンガージョイントを生か
したモノづくりをしていますが、材料によって1枚1枚の刃の組み
合わせが、大変難しく熟練が必要です。 慣れていないと、加工
する時間より刃物のセットをする時間の方が長くなってしまいます。

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ
(1458)


コメントは受け付けていません。