~森へ行こう 9. 「針葉樹の人工林」~

「2012年2月17日(金) 曇り/晴(-15℃)」
今日も、最高の一日でありますように。

【今日の一枚】

今朝の朝刊です。 右は大型車のタイヤチューブを使い
100m滑る。方向が変わったり、コースのでこぼこで
ジャンプしたりして、大人でも楽しめます。これも、冬の
楽しみな一つです。

左に記事は、東京の銀座にあります「松屋銀座店」におい
「旭川の木仕事」展が開催されるものです。
旭川のものづくりを知っていただく絶好の機会と企画に感
謝しています。およばずながら弊社も参加させていただき
ます。

 

 

また、同7階リビングフロアーで弊社製品が常設されています。
20数年お世話になっております。

2月21日(火)~3月19日(月)の期間開催されておりますが、
期間中の2月21日、3月3日にはデザインサロントークが両日
共に14:00~15:00に開催されます。

~森へ行こう 9. 「針葉樹の人工林」~
北海道の山々に多く見られるのが、カラマツ・トドマツなどの
人工林です。針葉樹は成長が早いので、植樹されて来まし
た。植樹後は、下草刈りをしたり、成長の悪い木を伐ったり、
枝打ちをしたり間伐作業をおこないます。間伐作業は立って
いる木を3本に1本くらいを伐ります。残った木はのびのび枝
を広げて、太く丈夫な木材になります。

● 針葉樹は幹がまっすぐなのと軟らかいため、柱・梁などの
建築材をとるのに向いています。広葉樹は硬いため家具や
クラフトを作るのに向いています。

● 針葉樹の人工林は、建築材などを効率よくとるために、苗木
を高密度(1haあたり2,000本~)に植える。日本では国土
面積3,778万haのうち森林が66%あり、そのうち人工林は
4割(約1,000万ha)
もりねっとhokkaido発行誌 参照)

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ
(1417)


コメントは受け付けていません。