「ウシのはなぐり」

むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
 吉四六さんは、あまりお金持ちではありませんが、お金がなくなってくると、ヒョイと良い知恵が浮かんでくるのです。

 ある日の事、吉四六さんは畑仕事をしながら、町へ行く通りがかりの人を呼び止めては、
「すまんが、町の荒物屋で、ウシの鼻ぐりを買って来てほしいんじゃ。数は、いくつあってもいい。値段は、なんぼ高くてもかまわん」
と、変な事を頼みました。
 みんなが引き受けてくれましたが、帰って来て、
「あいにく、売り切れとるそうじゃ。ウシの鼻につなを通す、鼻ぐりの輪など、めったに売れるもんではないから、普段は置いてないそうじゃ」
「おれもずいぶん探したが、一つもなかった。『今日は何人も、鼻ぐりを欲しいと言う人が来た。こんな事なら、たくさん仕入れておけばよかった』と、くやしがっとったわい」
と、口々に言いました。
「それはどうも、すまん事じゃった」
 吉四六さんはガッカリするどころか、喜びながら家に帰りました。

 さて次の朝、吉四六さんは作って貯めておいたウシの鼻ぐりを、町へかついで行って、
「ウシの鼻ぐりは、いりませんか?」
 町中の荒物屋を回りました。
「これは良いところに来てくれた。いくつでも置いていってくれ」
 昨日、もうけそこなっているので、どこの荒物屋でも、喜んで仕入れてくれました。
「さあ、これで、昨日のお客が来てくれれば、ひともうけ出来るぞ」
 荒物屋は、もうけのそろばんをはじきましたが、ウシの鼻ぐりは、さっぱり売れません。
 もうかったのは、吉四六さんだけでした。

おしまい


コメントは受け付けていません。