「泥棒を治す、赤ひげ先生」

むかしむかし、江戸の小石川(こいしかわ→東京都文京区)に小石川診療所というのがあって、赤ひげ先生という有名な名医がいました。
この赤ひげ先生はとても優しい人で、貧乏な人からはお金を受け取らず、また、他の医者が嫌がる様な病気の人でもこころよく診てくれるのです。
ですから多くの人が、
「赤ひげ先生は、神さまみたいな先生だ」
「赤ひげ先生こそ、まことの医者だ」
と、赤ひげ先生を頼って来たのです。

ある晩の事、そんな赤ひげ先生の所へ、一人のおばあさんが杖をついてやって来ました。
「先生、実はわしの息子に、とんでもない悪い癖がありまして、ほとほと弱っとります。
ひとつ先生のお力で、息子の悪い癖を治して下さい。
どうか、よく効く薬を作って下さい」
「ん、その癖とは、どんな癖ですか?」
「それが、お恥しい話ですが、息子には泥棒の癖がありましてな。
そのうち、お役人さまに捕まって大変な目に会うのではないかと思うと、この先、安心して死ぬ事も出来ません。
先生、 どうか泥棒の治る良い薬をお願いします」
「泥棒か、・・・確かにそれは、困った癖だな」
さすがの赤ひげ先生も、泥棒を治す薬は持っていません。
(さて、どうしたものか)
赤ひげ先生は、自慢のあごひげをなでながら考えていましたが、やがて、
「おお、そうだ。よし、そこでしばらく待っていなさい」
と、すぐに薬研(やげん→薬草などをすりつぶして、粉薬を作る道具)で何やら粉薬をつくって、紙に包んで持って来ました。
「おばあさん。
息子が泥棒に入りたくなったら、すぐにこの薬を飲ませなさい。
きっと、泥棒が出来なくなるはずだ。
それを何度か繰り返せば、そのうちに泥棒癖も治るだろう」
「ありがたや、ありがたや」
おばあさんは赤ひげ先生に何度も頭を下げると、喜んで帰って行きました。

さて、この出来事を奥から見ていた赤ひげ先生の弟子たちは、感心した様子で尋ねました。
「薬で、泥棒の癖まで治せるとは知りませんでした。
それで一体、どんな薬を処方されたのですか?」
すると、赤ひげ先生は、
「ん、お前たちも良く知っている薬だぞ。
薬というものは患者の症状に合わせて、医者がそれに見合った薬を選ぶのじゃ。
お前も医者になったつもりで、わしがどんな薬を出したか考えてみなさい」
と、言いました。
弟子たちは頭をひねって考えましたが、泥棒を治す薬なんて見当もつきません。
「先生、降参です。
私たちでは、とても無理です。
是非、その薬の作り方をお教え下さい」
すると赤ひげ先生は、ひげをなでながら言いました。
「わしは、肺臓(はいぞう)をかわかす薬を包んでやったんじゃ。
肺臓をかわかすと、咳(せき)が出るだろ。
咳がゴホゴホと出れば、泥棒どころではないからな。
あはははははは」
それを聞いた弟子たちは、やっぱり赤ひげ先生は日本一の名医だと思ったそうです。

おしまい


コメントは受け付けていません。