「ウマのふん」

むかしむかし、吉四六さんと言う、とてもゆかいな人がいました。
この頃吉四六さんは、妙な事を始めました。
毎朝、ざるにウマのふんを入れて、川にさらして洗っているのです。
そして洗い流すと、ざるの中にいくらかのお金が入っているのです。
「今朝も、もうかったわい」
吉四六さんは、ざるにお金を入れたまま、見せびらかす様に帰って行きました。
それを見ていた近所の人が、吉四六さんに尋ねました。
「吉四六さん。そのお金、まさかウマのふんから出たのではないだろうな」
「はい、確かにふんから出た物じゃ」
「するとお前さんのウマは、お金のふんをするのかね?」
「そうだが、それが何か?」

さあ、それを聞いた村の人たちは、みんな吉四六さんのウマが欲しくなりました。
「吉四六さん。そのウマを売ってはくれんか?」
「いや、売らんぞ。このまま持っていれば、金持ちになれるもんな」
売らないと言えば、よけいに欲しくなるものです。
「五十両出すから、売ってくれ」
「いや、おれは七十両だ」
「わしなら、百両出すぞ」
でも、吉四六さんは、
「そんな金、毎日ふんを洗っておれば、すぐに貯まるわい」
と、ウマを売ろうとはしないのです。
そしてとうとう、噂を聞いた町一番のウマ買いがやって来ました。
すると吉四六さんは、
「仕方ねえな。村の人ならともかく、わざわざ町から来たんじゃ断れねえ。ただし、毎日上等なえさをやってくれよ」
と、とうとうウマを手放したのです。
ウマ買いは大金を置いて、喜んでウマを引いて行きました。
ところがウマ買いは毎日特別上等なえさをやって、大事大事にしているのですが、ウマはお金のふんを出さないのです。
最初の二、三日は、数枚のお金が出て来たのですが、それからはまるで出てきません。
「吉四六め! だましやがったな!」
怒ったウマ買いは村にやって来ると、
「やい、吉四六。あのウマは金を出さんぞ!」
と、怒鳴り込みました。
すると吉四六さんは、
「はて? そんなはずは。・・・えさが悪いんじゃないのか?」
「何を言うか。ムギやらニンジンやら、毎日上等なえさをやって、大事にしているんだ!」
「ムギやニンジンねえ。まあ、確かにそれも上等なえさだが。・・・で、そのえさには、お金は入っているかい?」
「金?」
「そうさ、どんなにいいえさでも、お金入りのえさほど上等じゃねえ。この世で一番上等なえさは、お金入りのえさだ。それさえやれば、ウマはお金の入ったふんをするよ」

おしまい


コメントは受け付けていません。