「掛け声の代金」

むかし、あるとても大きな木を、二人の木こりが切ることになりました。
「ほう。これは立派な木だ。さぞかし高い値で売れる事だろう。さて、どうやって切り倒そうか?」
すると、もう一人の木こりが言いました。
「よし、お前切れ。わしが掛け声をかけて、拍子をとってやるから」
「それなら、拍子を頼むぞ」
そこで一人はまさかりを打ち込み、もう一人が後ろで切り株に腰をかけながら、
「よいしょ! よいしょ!」
と、掛け声で拍子を取りました。
こうして、大きな木は切り倒されたのです。
そして二人は、その木を木商いの旦那の所へ持って行くと、旦那は結構な額で木を買い取ってくれました。
「思ったよりも金になったな」
「ああ、もうかった。もうかった」
「さあ、金は山分けにしよう」
掛け声をかけた木こりがそう言うと、木を切り倒した木こりが嫌な顔をしました。
「何で山分けなのじゃ? 木を切ったのはおれで、お前は掛け声をかけていただけだろう」
「何を言う。掛け声は大事や役目だぞ。だからおれにも半分くれ」
「いいや、半分もやれん。おれは汗水流していたのに、お前は切り株に座って、のんびり煙草を吸っていたじゃないか」
「いいや、山分けだ。どうしても半分もらうぞ」
「いいや、半分もやれん」
「それなら、裁判をしてもらおう」
と、言うことになり、二人は代官所へと行きました。
そこでお代官に判断を下してもらおうとしたのですが、お代官もこんな判断は初めてなので、どうして良いのかわかりません。
そこで今度は、名奉行と名高い、南町奉行の大岡越前守(おおおかえちぜんかみ)にお裁きをお願いしたのです。
事情を聞いた越前は、二人の木こりに尋ねました。
「まずは、お前が木を伐ったのだな」
「へい、わしがまさかりで、『カーン、カーン』と木を切り倒しました」
「うむ、すると、もう一人のお前が、掛け声をかけたのだな」
「へい、わしが、『よいしょ、よいしょ』と、拍子をとってやりました」
「うむ。お前が『カーン』で、お前が『よいしょ』か」
「へい」
「へい」
「そうか。それで、木商人からもらったお金は、どこにあるのだ?」
「へい、わしが持っております」
「うむ、それではここに出してみなさい」
「へい。これです。五十文もくれました」
「よしよし、確かに五十文だ」
越前はそのお金を受け取ると、それを庭にばらまきました。
するとお金が、チャリーン、チャリーンと、心地よい音を立てます。
それを見て、不思議そうな顔をする木こりたちに、越前が言いました。
「拍子を取った木こりよ。その方、今のお金が鳴る音を聞いたな」
「はい。確かに聞きましたが、それが?」
「うむ。お前の仕事は音を出すだけだったのだから、その代金も音だけで十分であろう」
この判決を聞いて、木を切った木こりは喜んで頷き、掛け声の男もしぶしぶ頷きました。
「へい。ありがとうございます!」
「・・・へい。わかりました」
「うむ。これにて、一件落着!」

おしまい


コメントは受け付けていません。