「おいしいおかゆ」グリム童話

むかしむかしある町に、とても貧乏な家がありました。
住んでいるのは心の優しい女の子とお母さんの2人です。
ある日、この家には食べるものが、もう、何もなくなってしまいました。
「こまったわね。森へ行って、木の実を拾ってきて」
女の子はお母さんに言われて、森へ木の実を拾いに行きました。
すると、1人のおばあさんが現れました。
「おや、こんな森の中に、一人で来るなんて。どうしたんだい?」
「はい、家には、食べるものが何もないので、木の実を拾いにきました」
「そうかい、感心だねえ。じゃあ、おばあさんがいいものをあげよう」
そういっておばあさんは、女の子に古ぼけたおなべをくれました。
それは、とても不思議なおなべでした。
おなべにむかって、
「おなべよ、にえろ」
と、言うと、温かくておいしいおかゆが自然に出てきて、
「おなべよ、止まれ」
と、言うまで、おかゆは出てくるのでした。
おかげで、女の子もお母さんも、もう、おなかが空いて困る事はなくなりました。
ある日、女の子がとなりの町へ出かけた後で、お母さんはおかゆが食べたくなりました。
そこで女の子のまねをして、
「おなべよ、にえろ」
と、言ってみました。
すると、おなべはちゃんとおかゆを作ってくれました。
ところが、おかあさんは、おかゆの止め方を知りませんでした。
「おなべよ、もういらないよ。おなかはいっぱいだよ」
いくらお母さんがそう言っても、おかゆはどんどんにえて、おなべからこぼれ出しました。
やがておかゆは台所からあふれて、家中をいっぱいにして、とうとう家の外へ流れ出しました。
それでもおかゆは止まりません。
となりの家も、そのとなりの家も、そのまたとなりの家も。
とうとう町中がおかゆだらけになり、町の人たちもみんな流されていきます。
そして、おかゆが町はずれまで来たとき、となりの町から女の子が帰ってきました。
女の子はびっくりして、
「おなべよ、とまれ!!」
やっと、おかゆは止まりました。
そのあと町の人たちは、町中にあふれているおかゆを少しずつ食べながら、自分の家へ帰っていったそうです。
使い方を知らないの物を勝手に使うと、とんでもないことになると言うお話でした。 おしまい


コメントは受け付けていません。