「乳しぼりのおんな」 イソップ童話

ある農家の娘が、楽しいことを空想しながら、牛からしぼったばかりのミルクの入った桶(おけ)を、頭に乗せて運んでいました。
「このミルクを売ったお金で、少なくとも300個の卵が買えるわ。
 そして、どんなに悪くても、卵からは200羽のヒナが生まれるわ。
 そして、そのうちの50羽は、親鳥に成長するわ。
 そう、ちょうどその頃はクリスマス前で、トリ肉が一番高く売れる時期だわ。
 高く売れると、そのお金で新しいドレスが買えるわね。
 真っ赤なドレス、とってもすてきな真っ赤なドレスよ。
 当然、クツもおそろいでね。
 そして、そのドレスを着てクリスマスパーティーに出かけるのよ。
 すてきなドレスを着た美人のあたしが登場すれば、若い殿方は、みんな、あたしにプロポーズしてくるわ。
 でも、すぐに受けてはダメ。
 こういうのは、じらすのがコツよ。
 あたしは、つれなく頭をツンともたげて、ていねいに、みんなの申し出を断るのよ。
 でも、みんなはあきらめず、あたしのまわりからはなれない。
 そこであたしは、・・・あっ!」
 娘が夢中になって頭をゆらしたとたん、ミルクの入った桶は地面に落ちてしまいました。
 そして、彼女のそうだいな計画は、終わってしまいました。

 この娘のように、まだ手に入れていない事なのに、手に入れたつもりであれこれ空想することを、日本語で、「取らぬ狸の皮算用」と、いいます。
おしまい


コメントは受け付けていません。