「赤い靴」 アンデルセン童話 

あるところに、カーレンという、かわいらしい女の子がいました。
カーレンは、おかあさんとふたりですんでいましたが、ある時、
おかあさんが病気でなくなってしまいました。
お葬式の日、ひとりぼっちになったカーレンがないていると、お金
持ちのおばあさんが、馬車で通りかかりました。
おばあさんはカーレンをかわいそうに思って、牧師(ぼくし→プロ
テスタント教会の聖職者で、教会の責任者)さんにいいました。
「どうか、わたしに、その子の世話をさせてくださいませんか」
こうしてカーレンは、おばあさんの家でくらすことになりました。
それからカーレンは、勉強をしたり、おさいほうをならったりしながら、
楽しくくらしました。
むかしの貧乏なくらしが、まるでうそのような、すてきな毎日でした。
ある日、女王様がお姫様をつれて、町へおいでになりました。
カーレンは家のまえに出て、その行列を見ました。
お姫様は、きれいな服を着て、目のさめるような、美しいまっ赤な靴を
はいていました。
カーレンは、その真っ赤な靴の美しさを、わすれることができませんで
した。
それから、何年かたちました。
カーレンも、そろそろ、おとなの仲間入りをする年です。
ある時カーレンは、靴屋の店先で、お姫様の靴と、そっくりな赤い靴を
見つけました。
(いいなあ、あの靴がほしいなあ)
カーレンが、その靴をほしがっていることがわかったので、おばあさん
は、その靴をカーレンに買ってやりました。
「まあ、すてきな靴をありがとう。これをはいて、教会へいってみたいわ」
それを聞いたおばあさんは、カーレンに注意しました。
「教会は黒い靴をはいていくものです。赤い靴をはいていってはいけませんよ」
「・・・はい」
けれどカーレンは、そのいいつけをききませんでした。
おばあさんが重い病気にかかって、ねこんでしまうと、いつもいつも、赤い
靴をはいて教会へいきました。
教会では、おおぜいの人たちが、うらやましそうに自分の靴を見ているよう
に思えて、とてもうれしくなりました。
(みんなわたしの靴を見ている。うふふふふふっ)
ある日、カーレンは、ダンスパーティーにまねかれました。
パーティーにいきたいカーレンは、苦しそうにねているおばあさんのかんびょ
うもしないで、おしゃれに夢中になりました。
そして、赤い靴をはいて、パーティーに出かけようとしました。
ところが、歩き出したとたん、たいへんなことがおこりました。
足がひとりでに動き出して、ダンスをおどり出したのです。
「わあ、とまらない、とまらないわ!」
やめようと思っても、自分ではどうにもなりません。
まるで靴のいうなりになってしまったように、外へおどり出したのです。
カーレンは、おどりながら町を出て、とうとう、暗い森の中へ入っていきました。
すると木かげに、赤いひげをはやした気味の悪い魔法使いのおじいさんがたっ
ていて、「ほほう、なんときれいなダンス靴だ」
と、いうと、カーレンのおどりは、いよいよはげしくなりました。
そしてそれから、カーレンは夜も昼も、晴れた日も雨の日も、森や野原をおどり
つづけました。
何日すぎたでしょうか。
もうフラフラになって、もといた家のそばまでおどりながらきた時、カーレンは、
おばあさんのお葬式にであいました。
カーレンは、むねがはりさけそうになって、なき出しました。
あのやさしかったおばあさんが死んでしまったのは、自分のせいだと思ったから
です。
「ああ、おばあさん、ごめんなさい。・・・神様、どうか、どうかこのおろかなわたしを、
おゆるしください」
カーレンの心は、おばあさんへのおわびの気持ちでいっぱいになりました。
その時、あたりに、サーッと、まばゆい光がさしてきました。
そして、光の中にまっ白い服をきた天使がたっていて、カーレンにほほえみました。
すると、あの赤い靴がカーレンの足からぬげて、カーレンのおどりがようやく終わり
ました。

おしまい


コメントは受け付けていません。