■真心

平成28年1月17日(月)曇(-4℃/-16℃)

わくわく様です。

s-IMG_4025

本州は、大荒れですね。北海道と違い雪にはめっぽう
弱い事がわかります。対策と言っても、年に数回の事な
ので、出来にくいのかも。

 

s-IMG_4023

北海道は半年近く雪の中なので、それなりの楽しみ方
が出来ています。スキー場はじめ球場、公園等で家族
で手軽に楽しめます。

s-IMG_3986

先週の土曜日に、恒例の鏡開きを行いました。社員が
仕事の手を休め作りました。お昼に皆でいただきました
が、具がいっぱい入っていて、美味しくてお餅を5個も
いただき食べ過ぎてしまいました。これで今年も健康で
仕事が出来ます。ありがとうね。

s-IMG_3996

 

昨日、夕方妻に誘われて映画をデノスシネマズ旭川へ、
「海難1890」見に行って来ました。ちなみに、二階のボー
リング場の各レーンに置かれているコートスタンドはコサイン
社の製品です。また、シネマの飲食物を販売しているところ
に掛けてある時計もそうです。

 

12月5日から放映されているので、貸切状態で見ました。
あらすじは、1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコである
オスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが
座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以 上が暴風
雨で命を落とす。そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医
師・田村元貞やその助手を務めるハルら、地元住民が懸命の
救援 活動に乗り出す。イラン・イラク戦争中の1985年、日本政
府は危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。そん
な中、トルコ政府は彼らのためにある 行動を取る。(YahooHPより)

 

s-content_b_ph02

そもそも、日本人は「おもてなし」「真心」は心の中で持って居る
と言われて居ます。それが、現在気薄になって居ると言われます。
今一度感じさせられた映画でした。同時に放映されて居ます
第二次世界大戦中6000人にのぼるユダヤ難民の命を救った実
在の外交官・杉原千畝の半生描いた「杉原千畝」も見たい。

 

今日も最高の一日にしましょうね。

s-saruhoshi
「デザイン:昇夢虹/小川健一氏」
(2194)


コメントは受け付けていません。