◆わくわく様で~す。!

平成26年7月18日(金)晴(20℃/29℃)

おはようございます。

昨日は、ありがとうございました。
本日も、よろしくお願いします。

s-DSCF5583

今日も暑くなりそうです。弊社では、30℃を越えると
3時の休憩にアイスが出ます。そんな楽しみがあっても
良いですよね。

s-IMG_3655

昨日、Dサポート株式会社さん主催の実践するドラッカー
「実践・成果報告会」「実践企業見学会」に参加させて
いただきました。全国から札幌に集まり、昨日実践企業見
学で、旭川の近隣である東神楽町にある「株式会社北海
道健誠社」さんにお邪魔しました。

s-IMG_3648

私は時間の都合で、見学のみ参加させていただきました。
健誠社さんは、平成4年6月創立し病院用寝具類の洗濯専
門工場を建設、開業。現在はクリーニングを生業とし病院
・医院・薬局・老人保護施設・身体傷害者施設・特別養護
老人ホーム・ホテル・旅館・ペンション・レストラン・役
場・社会福祉協議会・学校等へお取引先を持たれています。

s-IMG_3652

 
工場見学の前に、バイオマスの木質をチップ化工場、太陽
光発電パネル設置を見学。何と敷地面積が東京ドーム1個
ぶんとか。実際に廃材や、間伐材をチップ化している所は
初めて見ました。
 

s-IMG_3665

その後、クリーニング工場内を見学しました。社員の40%
が心身に何らかの障害を持つ方が働いている伺いましたが、
それを感じさせない仕事ぶりでした。社員の皆さんとの挨拶
が「わくわく様で~す。!」でした。

s-IMG_3669

シーツとおしぼり作業では見学者も体験させていただきまし
たが、社員の手早さにはかないませんでした。今年は、観
光客が増えている事もあり大忙しだそうです。

s-IMG_3676

工場見学後は、瀧野専務よりドラッカーに学んだ会社の取組
について講話を頂きました。冒頭に「社会貢献」と「利益追求」
は矛盾しないと言うお話から、

「成長期社会の中で不便な存在として見放されていたものが、
成熟期社会では有効な資源へと変わります。「モノ」も「人」
もそうした存在が今、利益を生む財産となっています。一見不
便な「木」のボイラーは、重油ボイラーの代替機となりCO2排
出量の削減に。森林に放置されていた林地残材は、チップ化し
て「木」の」ボイラーの燃料に。不憫に見られてきた障がい者
の方々は、失った機能の代償に得た集中力で、職場を牽引する
プロフェッショナルに。高齢者の方々は、今の親世代が伝えて
いない知恵を次の世代へ。就職が困難な立場となった高校新卒
者は、その若い感受性と真摯な心で地域社会に支持され、営業
基盤拡大の主力に。こうした存在に手をさしのべることを「社
会貢献」といいますが、成長期時代の恩着せがましい意味では
なく、本来の強みを生かすことで「財産」となり、「利益追求」
が結果として可能となりました。成熟時代は、価値転換の時代。
私たち北海道健誠社グループは、リネンサプライ・クリーニン
グ事業を基盤に新しい流れに乗り、更なる発展を目指します。」
(HPより)

s-IMG_3697

今回見学させていただき、ドラッカーの教えを実践している事が実
感しました。お客様が買って頂いて居るのは「満足度」であると色々
な場面で聞く言葉ですが、まだまだ理解していない事を感じました。

s-IMG_3698

また製品が売れる事、売り上げが上がる事すべてが、お客様にとっ
ての満足度の表れである事をまたも感じる一時でした。この見学会
に参加し多くの事を学ぶことが出来ました。社員研修に検討したい
とも思いました。参加できましたことに感謝します。ありがとうござい
ました。

 

tane5_2
(干支の馬にまたがって)

「デザイン:昇夢虹/小川健一氏」

本日も、最高の一日を過ごせますように。
(1924)


コメントは受け付けていません。