2012年4月 のアーカイブ

~「技法に妥協しません。」 9 ~

2012年4月28日 土曜日

「2012年4月28日(土)晴(4℃)」
今日も、最高の一日でありますように。

【今日の一枚】

(つながる名刺の種手ぬぐい)
ご紹介させていただきました5枚のつながる名刺。
そこに、さらに考え手の提案で、種明かしの手ぬぐ
いを作る事になってしまいました。そこで、新たに
作り手の「近藤染工場」さんがつながり完成です。

考え手 (塚田アトリエさん)

描き手 (昇夢紅さん)

作り手 (近藤染工場さん)

贈る人 (星 幸一)

つながる名刺

TSUNAGARU MEISHI
NO
TANETENUGUI

~「技法に妥協しません。」 9 ~
【刃 物】
木工機械には、刃物によって材料を平らに削ったり
溝や穴を開けたりする切削機械と、紙ヤスリを使って
材料を平らにしたり、削ったりする研削機械があります。

刃物を使っう機械も様々で、機械に合わせて、長い平刃
・丸のこ刃・きり・成型刃・カッター刃等々様々な刃物を
使い加工します。

機械の精度は勿論、刃物の精度、切れ味で仕上がりに
大きく影響します。そこには、機械・刃物メーカーの技術
と、その後のメンテナンスが重要です。 常に切れ味の
良い刃物を使うように、刃物を研磨を外注依頼し、社内
では、週末には各機械のメンテナンスを行います。

こうした、一つ一つのつながりで、品質の安定した製品が
出来上がって来ます。

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ
(1460)


「ランプテーブル」T-1010

2012年4月28日 土曜日

ランプテーブルをお買い上げいただきました
お客様レビュー

(東京都日野市)Tさん
これからも面白く、良いものを造り続けて
下さい。帰省したらお店に木製品を見に行
きます!
(カンディハウス新宿店さんにてお買い上げ)


~「技法に妥協しません。」 8 ~

2012年4月27日 金曜日

「2012年4月27日(金)晴(6℃)」
今日も、最高の一日でありますように。

【今日の一枚】

(昨年の12月に「昇夢虹」小川健一さんと出合い1枚の
名刺から始りました。 さらに、名刺からつながる仕合わ
せを膨らませくれた「塚田アトリエ」塚田さんにより5枚の
つながる名刺になりました。それは、考え手と、描き手の
つながりによって得られた仕合わせです。)
(作り手:「昇夢虹」さん

~「技法に妥協しません。」 8 ~
【治具】
加工や組立ての際、部品や工具を案内し位置決めするとともに
固定する補助具を言います。治具には、部品を加工する為に使
用する物や、部品を固定する物、組み立て治具等があります。
治具を使用する事で、同じ物を正確に数作れる事や、安全に
作れる事があります。

それぞれの製品専用の機械では無く、汎用機械なので製品ごと
に専用の治具が必要になります。その治具の精度の良し悪しで
品質や加工手間が変わります。

曲線を描いた部材などは、数十の治具を使って形を作り上げます。
この治具を作る事も職人の腕の見せ所です。

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ
(1460)


「MUKU 小 」 CW-08

2012年4月27日 金曜日

MUKU小をお買い上げいただきました
お客様レビュー

(東京都町田市)Iさん
乳幼児~子供への木のおもちゃをもっと沢山作って
欲しいです。
ウォルナットが大好きで家具は勿論ゆかや玄関も全
てウォルナット素材です。
これからも少しずつコサイン製品を集めてゆきたいと
思っております。
(イルムス横浜さんにてお買い上げ)


~「技法に妥協しません。」 7 ~

2012年4月26日 木曜日

「2012年4月26日(木)晴(5℃)」
今日も、最高の一日でありますように。

【今日の一枚】

(つながる名刺その5:つながる名刺最後になります。 
24年売れ続けているコートスタンド(右)。今では、海外
のホテル、ゴルフ場で採用されています。
中央でcosine号に乗っているのが私。 周りで、知人・
社員、そして作り手家族が応援してくれています。
最初は、今年の辰(龍)に乗ったものでしたが、私の干支
に変えていただきました。 1988年から現在までを、多く
方とのつながりで来れたことを5枚の名刺でご紹介させて
いただきました。 これでは終りません。
(作り手:「昇夢虹」さん

~「技法に妥協しません。」 7 ~
【ホゾ継ぎ】
伝統的な指物工作の世界では、材と材を組み合わせるのに
ネジや釘を用いず、材を様々な仕口に加工し、それを組み合
わせる事で固定します。 コサイン社でもこれらの仕口を使っ
て製品を製作しています。

適切な「嵌め合い」(締まり具合)や「きき」(堅さの程度)で加
工し、接着剤を塗って組み合わせ固定すれば、強固な構造
物となります。ネジや釘を使って加工したものはいずれ緩ん
だり錆びたりしますので、長く持たせる事はできません。

世代を超えて使い続けられる家具となるためには必須の加工
法となります。

コサイン社では、楕円ホゾ取り盤と楕円穴掘り盤の2台の機械
を使って作ります。
加工する時には、ホゾと穴の精度がとても重要になり、製品の
強度の良し悪しが決まります。

 

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ
(1459)


「ピーナッツスツール」ST-06

2012年4月26日 木曜日

ピーナッツスツールをお買い上げいただきました
お客様レビュー

(東京都豊島区)Iさん
デザインがとっても良くて、大変気に入りました。
今後も楽しみにしています。
※今回購入したピーナッツスツールも座りごこちが
良いですね。
(カンディハウス東京支店さんにてお買い上げ)


~「技法に妥協しません。」 6 ~

2012年4月25日 水曜日

「2012年4月25日(水)晴(6℃)」
今日も、最高の一日でありますように。

【今日の一枚】

(つながる名刺その4:間借りから自社工場に移転
したのが、創業10年目でした。 次いで、20周年
の時にコサインギャラリーをオープンし、コサイン
社の「モノ」と「コト」を伝える場としました。
私は、ネストスツールに座っています。
その前を、隣接する鉄工団地にある「臼井鋳鉄工業」
臼井さんが鋳物製のスピーカーを担いで闊歩してます。
臼井さんとの出会いがつながる名刺に繫がりました。
社員が2名、製品が7つ登場。)
(作り手:「昇夢虹」さん

~「技法に妥協しません。」 6 ~
【ダボ構造】
材料に穴をあけ、ダボという連結用木材を穴に差し、接着剤を
入れて接着させたものを言います。

木材と木材を強固に締結する方法として最も簡単で確実な
方法は木ねじと接着剤の併用です。 しかしこの場合ネジ
の頭が作品の美観を損ねてしまうので、 ネジを埋め込ん
でその穴を丸棒やパテで埋める必要があります。
しかし、ペイントの塗りつぶしであれば別として、木地仕上げ
と言うとパテや埋め込んだ丸棒が目立つので美しくない。
そこでネジを使うことなく締結力を高めてやろうと言うのが木
ダボの使用です。

ダボを使いだした頃は、知識もダボの精度も良くなかったのか
旭川で作った家具を東京で荷解きするとバラバラになっていた
と言う話を聞いたことがあります。 その頃は、道路の状態も
良くなかったせいで、砂利道を揺られてダボが緩んでしまた
のでしょう。 ダボのサイズ・必要数・接着剤の量・組み立て・
養生時間等の組み合わせで、品質に大きな差が出ます。

その一つ一つを見極めて、設計され、生産されます。

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ
(1459)


「MKUKU(大)」CW-09

2012年4月25日 水曜日

MUKU(大)をお買い上げいただきました
お客様レビュー

★☆★☆★
(静岡県浜松市)Iさん
木の風合いをとても気に入ってます。
大事に使わせて頂きます。
(Web:サンワショッピングさんにてお買い上げ)

(東京都杉並区)Sさん
もっと種類がふえると良いと思います。
(amazoneにてお買い上げ)


~「技法に妥協しません。」 5 ~

2012年4月24日 火曜日

「2012年4月24日(火)薄曇(6℃)」
今日も、最高の一日でありますように。

【今日の一枚】

(21~23日、函館に行って来ました。今年は例年より
遅れていると言っても、さすがにサクラは蕾状態でした。
コサイン社の未開拓の地でもありますので、仕事も兼ね
ての3日間でしたが、流石に遠い。 高速で7~8時間
かかります。)

~「技法に妥協しません。」 5 ~
【フィンガージョイント】
幅の広い天板を作るためには集成材を製造しなければ
出来ません。そのためには数枚の板を接着して作りま
すが、ただ板と板を擦り合わせる方法から様々な方法が
ありフィンガージョイントもその中の、接着方法のひとつ。

板の端部をジグザグにカットした部分を突き合わせ、接着
接合して継ぐ方法。その継ぎ手部分のジグザグが指のよ
うに見えることが、この名の由来。

天板以外には、丸太を輪切りにした部分を「木口」(こぐち)
と言いますが、木口同士を擦り合わせて接着すると強度的
に弱いため、このフィンガージョイントを用いて接着す事で、
強度を保つ事が出来ます。 

私が見習いの当時から使用されていましたが、このジグザグ
の模様を見せることはタブーであったと聞いた事があります。
しかし、勤めたメーカーではあえて意匠として使用していました。
このフィンガージョイントにより、難しい形も作る事が出来る優れ
物です。

コサイン社でも、製品の要所要所にフィンガージョイントを生か
したモノづくりをしていますが、材料によって1枚1枚の刃の組み
合わせが、大変難しく熟練が必要です。 慣れていないと、加工
する時間より刃物のセットをする時間の方が長くなってしまいます。

にほんブログ村 インテリアブログへ 人気ブログランキングへ
(1458)


「子ども時計」CW-14

2012年4月24日 火曜日

子ども時計をお買い上げいただきました
お客様レビュー

★☆★☆★
(大阪市西淀川区)さん
質のよい商品を丁寧に作られているという
イメージがあります。
(イルムス梅田さんにてお買い上げ)


(新潟市)Fさん

温かさと可愛らしさがあり、
子供も私も気に入っています。
(クロワッサンの店さんでお買い上げ)