‘デザイナー情報’ カテゴリーのアーカイブ

No.2697

2018年12月5日 水曜日

平成30年12月5日(水)曇(-3℃⇒8℃)

お元気様です。


3日まで北陸方面に、創立30周年のお礼参りの出張して
居ました。その間に、降った雪もすっかり融けてしまって
居ました。気温も12月としては暖かく過ごしやすいです
が、これから天気が崩れてくる予報が出て居ます。

 


12月に入り、自宅玄関の下駄箱の上はクリスマス仕様に
なって居ます。ほかにも、居間や出窓などが賑やかです。

 


出張前に、11月25日まで札幌芸術の森で開催されてい
まし五十嵐威暢さんの作品展を見に行って来ました。幸運
にも五十嵐さんにお逢いすることも出来ました。
1970年代後半から現代までに手掛けた企業のロゴやプ
ロダクトデザイン。なかでも五十嵐さんの活動を特徴づけ
る、アクソノメトリック図法で緻密に描かれた立体文字の
ポスターは、世界30か所以上の美術館などのコレクション
になっている。現在は彫刻家としても活躍されています。

 


弊社も、20数年前に旭川家具工業協同組合の事業に参加
させていただいた際に、五十嵐さんと出会い子供家具をデ
ザインしていただき、当時グットデザイン賞もいただくな
ど、思い出に残る出会いでした。その後、形が変化する時
計をデザインしていただきました。

 

また、合わせて弊社のロゴをデザインしていただくなどご
縁があります。ゆっくりと実際の作品を見ることができデ
ザインの大切さを感じました。

 

 

 

『今日の1枚』

【札幌美術展 五十嵐威暢の世界】
本展では、デザイナーとしての原点である1973年の個展
から彫刻家としての現在までの仕事の変貌を示すポスタ
ー、プロダクト、彫刻、約150点が一堂に会します。「ア
ートは日常の暮らしと風景によりそうことによって、人
々の心をさらに豊かなものにする」と考え制作を続けてき
た五十嵐威暢による、デザインとアートが融合する無二の
世界をお楽しみください。(札幌芸術の森美術館HPより)

 

今日も、わくわくする一日にしましょうね。

戌年02

「デザイン:昇夢虹/小川健一氏」

 

s-8p