『シャッター日誌』のトップ

2005年10月

            

2005年10月03日(月)

『カンディハウス大阪支店』大阪心斎橋

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんわ!


17.10.3.1.jpg
(自宅の道路向かいのお宅の庭で咲いているのを撮りました。)


お昼過ぎに鬼さんを旭川空港までお送りしました時に、大雪山連峰の尾根が
見えたのですが、上の方は真っ白になっていました。 厚い雲がかかって山頂
をうかがう事が出来ませんでした。
昨晩雷を伴い激しい雨が降っていました。 家が揺れた気がしたのは私の家
だけでしょうか、その時に雪が降ったんですね。
平地は今日も車の窓を開けて走行するほど暖かい状況でした。

9月30日の地元の情報誌にコサインが載りました。 掲載していただきました
ライナーネットワークさんありがとうございました。
ライナーネットワーク


17.10.3.2.jpg
(工房内のコンピュータールームとミーティングルームを兼ねたスペースです。)


10月1日に、社員研修会を行い昨日は希望者で温泉に行って来ました。
その時はまったく雪など降る様子もなく、赤や黄色に色ついた木々が綺麗でした。
それが一晩にして真っ白ですから驚きです。


『カンディハウス大阪支店』

出張の続きです。
彩都「暮らしのギャラリー木想館」さんに伺う前に、大阪市内のカンディハウス
大阪支店さんに伺いました。 本社は旭川にありコサインとは道路向かいに
互いに位置しています。 実は7月30日に心斎橋にショールーム移転OPEN
したものですから伺って見ました。 なんと隣合わせるビルがこれもOPENした
ばかりのそごうデパートでした。 入場制限がかかるほどの混みようでした。
私も入って見たかったのですが残念です。


17.10.3.3.JPG
(表からは見えませんが8階にあります。)


そのそごうデパートの向かって左のブランドビルの8階にカンディハウス大阪
支店ショールームはありました。 入り口がわからずうろうろしながらビル左
手奥にある入り口より入りエレベーターで一気に8階まで上がります。


17.10.3.4.JPG
(エレベーターが開き、目に飛び込んでくる真っ赤なボードとサイン)


17.10.3.5.JPG
17.10.3.6.JPG
(お客様の暮らしを提案するショールームです。)


残念ながらコサインの製品はおいていません。 センスある家具を北海道
旭川で作っています。 塗装、張り生地をオーダー出来ますので、あなたに
似合いの家具が提案出来るのです。


さてそろそろ鬼さんは自宅に着いたでしょうか、道草をくってはいないでしょうね。
愛妻が待つ自宅に真っ直ぐお帰りくださいね。 (いいお節介だって!ゴメンネ!)
17.10.3.18:04星幸一

カンディハウス大阪支店

〒542-0085大阪市中央区心斎橋筋1-9-17エトワール心斎橋 8F
TEL (06)6253-6678
営業時間 10:30~19:00
定休日 水曜日

cosine 星 2005.10.03. 17:05 | | コメント (0) | トラックバック (0)

『モーリショップ』大阪市

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎

皆さんこんばんわ!


17.10.4.1.jpg
(玄関先で秋の日差しを一杯浴びて咲いています。)


今日は雨混じりの一日でした。
朝晴れていましたので、いつものようにジュニア(愛犬)とランニングです。
いよいよ今年も9日の旭川市民マラソンが今年の私の最終ランです。
今年は、昨年より2大会多く参加し6大会に参加しました。
走るたびに辛いと感じるのですがなぜかやめられません。
元気に走ることができ感謝!


今朝新聞を見ていましたら、隣町の東川町で10月3日(月)、「新しい婚姻届
のスタイルがスタート」と記事が出ていました。 
その第一号のカップル実はコサインの女子社員なんです。 婚約中の二人
この企画に合わせてゴールインを決めたそうです。 町民の祝福のもと感謝、
感激、感動を得たことでしょう お幸せに。
東川町


もう一つ、出社してまもなく取引先の方が1枚の資料を持って訪ねて来られ
ました。 見るとコサインの製品が載っています。 なにに載ったのかと思い
きやコサイン製品のそっくりさんでした。 今までにも類似品が出ましたが
今回ほどそっくりさんを見たことがありません。
価格も安く驚いてしまいました。 しかし驚いてばかりはいられません。
何とか情報をかき集めメーカーが判明、まずは1台購入してみることにしま
した。 現物を確認した上で、製造販売を中止していただけるようお願いす
るなどの対処をしたいと思います。 コサインより綺麗に出来ていたらどうし
ようと思いながら製品が届くのを楽しみに待って見ます。
なかなか自分では情報を得ることが出来ません。 情報をありがとうござい
ました。


17.10.4.2.jpg
(6月に導入しましたコンピューターを内蔵した機械(NCルータ)徐々に機能
を発揮してきました。)


『モーリショップ』
昨日の続き
心斎橋筋にありますカンディハウス大阪支店さんから徒歩15~20分のところ
にモーリショップさんはあります。 南堀江通りはかつては家具屋さん通りでした。
今はすっかり様変わりし、洋服のお店が増え若者の街になりました。
その入り口に面した角地にお店はあります。 


17.10.4.3.jpg
(モーリショップ本店ビル)


正面のビルがそうですが、ビルの中間くらいに白い看板が見えますが、
これは通りに掛けられた看板です。 そこをお客様が通りながら、家具を
ウインドーショッピングしていくそうです。


17.10.4.4.jpg
(1階入り口に置かれているドレスラック)


取り扱っています家具は社長自ら海外に行かれ仕入れてこられる物から
国内の良質な家具を展示販売しています。 カンディハウスさんの製品
も置いています。 オリジナルのキッチンなどもあり、お邪魔しておりまし
ても途切れることなくお客様がいらしていました。


17.10.4.5.jpg
(海外製品と共にコサイン製品がシーン展開されています。)


17.10.4.6.jpg
(コサインの時計が掛けられた前に季刊誌「といる」とコサインの「コサインの
ものづくり」パネルが置かれています。


モーリショップ 大阪市西区南堀江1丁目7-1
TEL / 06-6533-3461
OPEN (営業時間) 11:00 - 19:30
CLOSE (休日) 毎週水曜定休
 

cosine 星 2005.10.03. 18:10 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月05日(水)

『くらしの・京都』&『インテリアK』

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんわ!


17.10.5.1.jpg
(この花が咲きだすと秋から冬に向かっているのを感じます。)


今日は青空がとても綺麗な一日でした。
すっかり日が暮れるのも早くなってしまいました。
気温も10度代になってしまいそろそろ外に出している植物も一旦
玄関に入れ後に室内に入れます。 一気に室内に入れると暖か
過ぎて駄目になってしまいます。


17.10.5.2.jpg
(コサイン休憩室)
新しい休憩室も出来、以前よりゆったりと休息が取れます。


『くらしの・京都』京都

昨日の続きです。
9月11日(日)京都にあります「くらしの・京都」さんに伺いました。
こちらも、コサインフレンズショップ(CFS)さんです。
ちょうど9月で1周年を迎えます。
京都の地下鉄東西線で市役所で降りるとゼスト御池(地下街)
に続きそこに沢山のお店がある中にお店があります。

いつもご夫婦で迎えていただきますが、想うままに話をしていた
だけます。 時には厳しく・・・ね。
「それでなければフレンズショップにはならないでしょう」と、おっ
しゃる通りです。
これからもよろしくお願いします。


17.10.5.6.jpg

17.10.5.5.jpg

コサイン製品のほかにも、ガラス、布、陶器、洋服とこだわり製品で
一杯です。 何と言っても店主との対話がお客様を引き付けている
ように感じます。 コサインの時計を選んでいただく時も、自宅まで
伺って、ナラ、メープル、ウオルナットの何れが合うか確かめて販売
しています。 またお客様の自宅に合ったオーダーテーブルも受け
ておりコサインで楕円、長方テーブルを作りました。


くらしの・京都
京都府京都市中京区河原町御池 ゼスト御池(地下街)
TEL / 075-253-3147
OPEN (営業時間) 10:30 - 20:30
CLOSE (休日) 第3水曜定休

『インテリアK』豊中市
午後から、豊中市にありますインテリアKさんに伺いました。
こちらもご夫婦でショップをされております。
以前に家具専門店におられた経験を生かし、よりお客様
に近い位置で相談に乗っています。
それも、家具に止まらず土地建物までお世話でき幅広く
お客様に接しています。


17.10.5.3.jpg

17.10.5.4.jpg

このたび10月中旬に3階建ての新店舗に移ります。
1階がショップなのですが、自宅とする2~3階もお客様に見ていただけるように
コーディネートされるそうです。 お店が出来ましたことを期にコサインフレンズシ
ョップ(CFS)としてコサイン製品を見ていただける計画です。

今は最後のお店作りに入っておりますので、オープンが決まりましたらまた紹介
させていただきます。 楽しみで~す。

インテリアK 大阪府豊中市長興寺北3丁目1-15
TEL / 06-6152-1517
OPEN (営業時間) 11:00 - 19:00
CLOSE (休日) 不定休

cosine 星 2005.10.05. 18:20 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月06日(木)

『匠館』高山

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんわ!

17.10.6.1.jpg
(大雪山連峰十勝岳紅葉が進んでいます。 温泉に入りに来た方の車で
一杯でした。)


今朝、旭川に初霜が降りました。
冬まっしぐらです。
農家にとっては霜は天敵です。 刈り入れが終わっていない農作物は寒さで
枯れてしまうからです。 
ですから、霜が降りそうな時は、畑でタイヤなどを燃やし気温を暖めます。
ほんと、農家や果樹園の人は大変です。
最後の最後に自然の力で駄目になってしまうことがあるからです。


17.10.6.10.jpg
(寒くなるのを待っているのはジュニア(愛犬)だけです。この~!)


紅葉も霜が降りてしまうと駄目になってしまいます。 皆さん早く見に来てく
ださいね。
先日10月1日に社員研修会を行い、その際にアドバイザーとして参加して
いただきました鬼さんと、翌日温泉に行って来ました。 
参加したのは鬼さん含め7名でした。 

研修会と温泉の話も早くしたくてうずうずしています。
だって、今度の連休には神さんが来てくれます。
鬼さんと神さんに囲まれた私は・・・きっと幸せ者ですと日誌には書いておこう


『匠館』高山

昨日からの続きです。
昨日で今回の予定で尋ねる関西地区のお客様を終えました。
今回の関西出張は、久しぶりに関西空港に降り、ラピートに乗ってなんばま
で出ました。 関西空港では、フリーマーケットでしょうか、たくさんの方で賑
わっていましたが、時間に追われて眺めてくることも出来ませんでした。


17.10.6.8.jpg

17.10.6.9.jpg
(久しぶりに乗ったラピート、シートの肘はバーズアイメープルで仕上げられ
ています。)


昨日は大阪最終日でしたのでインテリアKさんのあと、どこかで夕ご飯でもと
、ふらふらと千里中央まで行って見ました。 
時間が遅かったこともあり見たかったショップも既に終わっていました。
ならご飯でもと思いうろうろしていましたら、ラーメン村に行き当たりましたので
ここで食べて帰ることにしました。


17.10.6.6.jpg

17.10.6.7.jpg
(見えますか、ラーメンに乗っている海苔に文字が書いてあるんです。 なんて
書いてあったか、お店の名前もすっかり忘れてしまいました。 でも美味しかった
ですよ。)


旭川にもラーメン村があり観光客の方で賑わっています。
◎◎◎旭川ラーメン村◎◎◎

しかし大の大人がご飯を食べる度に写真を撮っているのもどうかと思いません。
私なりにけっこう勇気がいります。 とっても恥ずかしがりやの私ですから・・・
ほんとですって!

さて、翌日の9月12日(月)早朝の新幹線で名古屋に向かい、そこから特急
で高山まで向かいました。 移動距離の長い時は本を読めるのでそれなりに
満足しています。 今は旭川旭山動物園の本にはまっています。
これを語りだしたらまた長くなってしまいますのでパスします。

高山に向かう間の渓谷はとっても綺麗でした。 時折釣りを楽しんでいる様子
も垣間見ることができ、ついついカメラを向けていました。

17.10.6.12.jpg

17.10.6.13.jpg
(写真ではわかりづらいのですが、列車から下をうかがっています。)


11:00に高山駅に着きました。 こちらには年に1度来ます。
さっそく駅から市内にある匠館さんにお天気も良いし歩いて向かいました。
途中観光客の方と一緒になりながら歩いていましたら迷ってしまい、みた
らし団子を焼いている方に尋ねどうにか到着。 いつもの知ったふりはいけ
ませんね。反省。


17.10.6.3.jpg
(お店正面右脇には大きな飛騨の家具が置いてありましたが写っていません。
見ていただけないのが残念!)


観光客が通る町並みの中に匠館さんはあります。 昨日まで家具のフェステ
ィバルをやっていたそうです。
全7フロア850坪の広い店内に、味わいのある飛騨の木製家具や地元を拠
点に活躍する工芸、クラフト作家の作品を一堂に集めています。
その中にコサイン製品も展示販売していただいています。


17.10.6.4.jpg
(今はカタログからお休みしていますお昼寝ソファがこちらでは良く売れ
ています。 無垢の天板にお布団を乗せてソファとしてまた、テーブルと
してもいけます。)


17.10.6.5.jpg
(壁にコサインのコートフックを見つけました。)

飛騨の家具をはじめ、国内外の優れた家具、飛騨の工芸品、飛騨の素朴な
生活雑貨をご覧頂けます。 飛騨へ観光と家具を見に行こう!


匠館 岐阜県高山市下三之町1-22
TEL / 0577-36-2511
OPEN (営業時間) 7:30 - 19:00
CLOSE (休日) 冬季(11月~3月)
毎週火曜定休
 

cosine 星 2005.10.06. 20:31 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月07日(金)

『飛騨高山 暮らしのギャラリー』高山

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんわ!

17.10.7.1.jpg
(大雪山連峰の中の十勝岳に向かう途中で見かけた紅葉です。 沢山のカメラ
マンがいました。)

明日より3日間の連休です。 自宅の事も少しはやらなきゃ妻に、にらまれて
しまいます。 庭木の雪囲いにはまだ早すぎますが、出来ることから
そして9日は今年最後の旭川マラソンに参加します。
10時頃スタートし1時間以内には戻って来たいと思います。
いつもの和田さんと走れるでしょうか 楽しみです。


● 社員研修会


17.10.7.2.jpg
(旭川旭山動物園の7代目園長にお話を聞きました。)


10月1日に今年2回目の社員研修会を行いました。 1回目は4月2日に
1泊で行いました。 コミュニケーションをとるにはとても良いと思っています。
今回は外部の方のお話を聞くことにしました。
閉園まで追い込まれた動物園を日本一になるまで頑張ってこられたお話を
お聞きすることが出来ました。 そこには飼育員が共にお客様に喜んでいた
だける動物園にするために努力されたことがビンビンと伝わって来ました。


20050922170714438_0001.jpg
(これを読むと日本一になった経過がわかります。)


『飛騨高山 暮らしのギャラリー』高山

昨日の続きです。

17.10.7.3.jpg
(車窓から見た景色は忘れられません。)


匠館さんを出て、次の暮らしのギャラリーさんに向かうことにしました
が、時間の余裕もありましたので少し町並みを見てからにします。
観光客も大勢いましたし、お昼頃まで朝市もやっていました。
人力車もお客様を乗せ軽快な足取りで通り過ぎてゆきます。


17.10.7.4.jpg
(これなんだかわかりますか、これは今で言うガソリンスタンドのようなも
のです。 下のタンクにガソリンを貯蔵し、車に給油していたのです。
ただし私の記憶が正しければね。)


17.10.7.5.jpg
(飛騨高山「うなはん」)

17.10.7.6.jpg
暮らしのギャラリーさんに向かう途中でお昼をいただくことにしました。 
やっぱり飛騨牛でしょうと入ったお店です。
いつものようにお店の方を気にしながら写真を撮っちゃいました。
大変美味しくいただきました。 ご馳走様でした。


17.10.7.9.jpg
お昼を終え約束の時間も近くなりましたので、お店に向かうことにしました。
坂を上がって行くのですが、右手の小高い場所に黄金の神殿が見えました。
屋根の中央には真っ赤な球状の物が乗っかっています。
それを見ながら坂を上がって行きますとまもなく左手に暮らしのギャラリーさん
がありました。 


17.10.7.13.jpg
(広いショールームの中にキッチンからベット、さらにインテリア小物まで
展示販売されていました。)


17.10.7.10.jpg
(こちらの時計に混じってコサインの時計も販売されています。)


こちらも飛騨の家具メーカーさんでショールームとショップを兼ね備えたお店
です。 2Fのフロアーには社内で生産された製品がそれぞれシーンごとに展
示し生活提案されています。


17.10.7.11.jpg
(これアイデアル、プラズマテレビ用木製フレーム、いいですね~。)


17.10.7.12.jpg
(自宅に合わせて?、ご自分に合わせたマイチェアを選んでみませんか)


実は今回暮らしのギャラリーさんに伺った楽しみがもう一つありました。
それはあのうわさの生産工場の見学です。
製品は全て注文をいただいてから作るそうです。
それは来週のお話とします。 
皆さん楽しい連休にしてくださいね~。
お仕事の方はごめんなさい。

飛騨高山 暮らしのギャラリー 岐阜県高山市上岡本町1-260
TEL / 0577-32-7288
OPEN (営業時間) 9:30 - 17:30
CLOSE (休日) 年末年始
 

cosine 星 2005.10.07. 21:00 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月11日(火)

『KASHIWA』飛騨高山 その1

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんは

17.10.11.1.jpg
(鬼さんと行った十勝岳)

週末から連休といかが過ごされましたか、旭川は特に9~10日は良
い天気でした。 9日は今年最後のマラソンに参加しました。
無事今年の最終回を80人中28位(50:57)で完走しました。
コサインのスタッフ(女性)も走りましたが、2Km地点でスイーっと追い
抜かれてしまいました。 また友人の和田さんも走りました。
和田さんから、来年は100Kmウォーキングに参加しませんかとのお
誘いをいただきましたが、なんとも・・・


同日マラソン会場の脇を流れる石狩川でもカヌーが沢山、川下りを楽
しんでいました。 スポーツの秋です。紅葉も進んでいました。
紅葉と言えば、私が日誌に紅葉の画像を載せているのを見ていたN
根さんが「私が写した画像どうぞ」とメールをいただきました。
これが綺麗!綺麗! 先日見てきた通りって感じでした。
皆さんにも見ていただきたいので載せますね。

十勝岳 開きましたら「アルバムを見る」に進んでください。 感動しちゃいますよ。
N根さんありがとうございます。
N根さんにはコサインのパソコンの主治医をしていただいております。


● コサイン社員研修会

年間の入園者が200万人に迫る勢いが出るまでのお話をお聞きした
後に、実際に動物園に行ってさらにお話を聞くことになりました。

17.10.11.2.jpg
17.10.11.3.jpg
旭山の正門付近です。 あいにくの雨それも降りに強弱がついた雨でした
が、お客様は押すな押すなの大賑わいでした。 バスツアーですから予定
変更とはならず、また限られた時間で楽しむには時間が短すぎます。
動物園に修学旅行生が来るなんて珍しいですよね。


『KASHIWA』

今回の出張のメイエメントの家具工場の見学。 コサインは大型の家具
や本格的なダイニング、リビング製品を作っていませんので、興味深々
でした。 KASHIWAさんは飛騨高山にありダイニング、リビング製品
やキッチン、ドアーまでも作られています。 社員総数250名前後と聞き
ました。 
KASHIWAさんの理念は「豊かさの創造」

私達は”木”を加工することにより、使う人・造る人双方の豊かな暮らしを
創造することを理念とします。
日本人は古(いにしえ)より木と親しみ、木を上手に使い、木と生きてき
ました。私達はそんな木を使い、家具や建材を総合的に生産することによ
り、日本人の暮らしの向上を図ることを使命と考えています。

■ジャスト・イン・タイムで造る

「探して買う」から「注文して買う」 これからの製造業は、ユーザーの希望が
かなえられる工場でなくてはなりません。
私達はそのために、見込み生産は一切行わず、受注によって生産が始
まる新しい生産システムを開発し発展を続けています。

※KASHIWAさんHPから抜粋して使用しました。

この一貫した受注生産のお話には驚きました。 よく言われるトヨタ看板方
式です。 案内していただいた方に繰り返し尋ねました。「大量に作った方
が効率も良いのではないと」これについては、お客様に注文いただいてから
作ることで、在庫を待たない、場所も少なくてすむ、リードタイムが少ないの
で多品種少量生産が出来るそうで、 「でも」と食い下がってみたものの、理
解しきれていません。 今日はテーブルを作っているところをご紹介いします。 


17.10.11.7.jpg
(山の斜面を活用した工場でした。)

17.10.11.4.jpg
(材料を強制的に乾燥させる器具の人工乾燥機です。)
材料をある一定の乾燥状況に保つので、狂いが少ない飛騨の家具が出来
上がるんですね。


17.10.11.5.jpg
(材料倉庫)
乾燥された材料を管理保管する倉庫です。 


17.10.11.6.jpg
(テーブルの天板を製作)

17.10.11.8.jpg
(テーブルの天板の表面を仕上げています。)
手元の器具を使い重たい天板を軽々と持ち上げることが出来るのです。

17.10.11.9.jpg
(テーブルの天板を塗装しています。)

テーブルの天板が出来るまでを端折って見てもらいました。
厚みのある材料を使用していますので、移動などは大変です。
それらについても工夫されて作業が進められていました。
明日はイスを作っているところをご紹介します。


KASHIWA 本社
〒506-8585岐阜県高山市上岡本町1-260
TEL.0577-32-3150(代)
FAX.0577-34-7417

cosine 星 2005.10.11. 18:49 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月12日(水)

『KASHIWA』飛騨高山 その2

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんにちは!

今日の旭川,雲一つ無い秋晴れです。
今日は夕方より加入しています組合の例会があり早めの日誌を書いています。


●鬼さんと共に

社員研修翌日、鬼さんと楽しんだ思い出を日誌に,まとまりなく載せていますの
で少し順序だててお伝えしたいと思います。
一番の目的は温泉に入るぞー!で十勝岳麓にあります「白銀壮」にまずは行
くことにしました。

着いた駐車場からは男性の露天フロが丸見えです。 見えるはお尻ばかり・・・
30分も温泉に入ったでしょうか、フロアーに出てきますと一緒に行った菅原さん
家の枝豆、ぶどう、お手製の笹もちが振舞われました。
これがいつもながらおいしいんです。
鬼さんはいつものようにビールを片手にいただいていま~す。です。

17.10.12.2.jpg
(高山植物でしょうか真っ白い花実が付いていました。)


程よくお腹も満足しましたので、下界に向かって出発。
途中の紅葉が綺麗なので車を止めて眺めることもしばしばです。

17.10.12.1.jpg
(わいわい言いながら紅葉に戯れてしまいました。)


●社員研修会

17.10.12.20.jpg
元旭山動物園菅野浩園長の案内で動物園にさっそく入りました。
一つ一つの館を案内していただきましたが、そこには動物園の飼育展示係りの
皆さんの努力と想いが伝わって来ます。 いかに動物を生き生きと見せられる
か、命の大切さを伝えたいなど工夫されていました。


17.10.12.21.jpg
(白くま館:白くまが飛び込む様子を見ています。)


見ているお客様の頭が白くまから見るとアザラシが水面に頭を出したように
見え、飛び込んで来る事を想定して作られています。
おかげで白くま君は勢いよくアクリル板に向かって飛び込んでくるものです
からおでこが薄くなってしまったとか・・・ほんとだー!


17.10.12.22.jpg
(猛獣館:本来木の上で生活するヒョウにとっては居心地がいいのです。)

こんなふうに下から見ることが出来ます。 ネコとおなじでこのような場所では
決しておしっこはしないそうです。 

17.10.12.24.jpg
(飼育展示係りのお手製の掲示板)

園内にはこのような看板があちらこちらで見受けられます。
実はこれが始まりと言っても良いそうです。 市の予算が付かない中で、
動物の良さを伝える方法として始められてらそうです。 動物の動きを観
察するのも良いのですが、これらお手製の掲示板も見てほしいな~。
動物がいない館に掲示板にキリン喪中とあるだけで許せちゃいますよね。
ここが他の動物園の飼育員さんと旭山動物園の飼育展示係りさんの違い
ではないでしょうか

17.10.12.23.jpg
(集合写真)

コサインの社員とコサイン応援団と共に楽しいひと時を過ごしました。
また、学ぶことも沢山ありました。
菅野さんありがとうございました。


『KASHIWA』飛騨高山

昨日に続き見学させていただきました工場をご紹介させていただきます。
今日はイスを製作しているラインです。
スツール、イスなど1本でも注文を受け作るそうです。 納期も通常10日もあれ
ば出来るそうです。 1本のために機械をセットしなければならないのは不効率
とまだ思ってしまいます。 

社内で取り組んでいらっしゃる事として
■個性を求めます
KASHIWAは、旧来型の家具、建材メーカーではありません。企画・開発から生産・販売すべてにおいて、独自にシステムを開発し、成長を続けています。
* こだわる人
* 角のたっている人
* 木の大好きな人
大いに求めます。 あなたの個性が生かせる会社です。

■木工技術の習得
我社では各個人の木工技術を向上させるため、次のような教育訓練に取り組
んでいます。
* 技術開発講習の開催
* 社内クラフト展の開催
* 技能検定試験へのチャレンジ
* 技能五輪へのチャレンジ
* 技能グランプリへのチャレンジ

良い家具が出来上がる理由がわかる気がします。

17.10.12.3.jpg
17.10.12.4.jpg
(イスを作るライン)

イスの部品を加工する機械が所狭しと並んでいます。 奥に職人さんが見えます
が、一人で5~6台の機械を連続して操作し部品を仕上げて行きます。


17.10.12.6.jpg
(塗装ライン)

注文に合わせて製作され塗装されます。 ですから色々なイスが吊り下がって
流れているでしょう

17.11.12.5.jpg
(イス張り)

同じフロアーの中で、塗装されたイスに座板を取り付けています。このように
効率よく仕上げて行けるシステムが出来いるんですね。

17.10.12.7.jpg
(特注など技術的に高度な製品を担当する部門があります。)

今回見学させていただき、コサインは20名に満たない社員数で、もの作りをし
ていますが、学ぶことが沢山ありました。
ありがとうございました。


KASHIWA 本社
〒506-8585岐阜県高山市上岡本町1-260
TEL.0577-32-3150(代)
FAX.0577-34-7417

cosine 星 2005.10.12. 13:15 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月13日(木)

『カンディハウス横浜』横浜みなとみらい

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんは!

P1010002.jpg
(宿の窓に腰を掛け向かいの景色を撮って見ました。)

昨日はコサインが加入しています(協)旭川木工センターの10月例会がありました。
今回は観楓会を兼ねた1泊で行われました。
日中にはゴルフのコンペが開催されましたが、私は出来ないので夕方6:30の
宴会に間に合うように出かけました。
しかし、車を走らせたものの場所がうる覚えだったので不安になりながら目的地
の天人峡温泉に着いてしまい、間違いないことが確認でき一安心。

さっそく宴会までは時間がありましたので温泉に入ることにしました。
温泉の中は片面の壁が自然の岩壁のまま活用して作られておりびっくりです。
そんな凄い場所に宿が建っています。 露天ぶろも(混浴も)ありました。
今朝、さっそく宿から600m離れたところにある滝を見に行って来ました。
遊歩道の周りの木々もすっかり色付きとっても綺麗でした。
宿に戻る時には大勢の観光客の方が向かってきました。
ほとんどが年配の方で、歩くのは大変。


P1010026.jpg
(羽衣の滝です。)

P1010050.jpg
(遊歩道一杯に紅葉が広がっています。)

天人峡温泉


●鬼さんと共に

十勝岳をくだって来る途中に皆空窯さんがあります。 テレビドラマ「やさしい時間」
のロケで使われました。

17.10.13.1.jpg
(窯がある工房)

17.10.13.2.jpg
(作品が展示販売されているギャラリー)

17.10.13.3.jpg
(製作をする工房)

17.10.13.4.jpg
(真っ赤な実がなっていました。つい・・・)

一緒に行った社員が、とっても美味しそうに見えたものですから、
ついいただいて見ましたら「渋~い!」でした。 
針葉樹の森の中を切り開き、それぞれの建物が建っており、歩道沿いに
木々も植えられています。

皆空窯


『カンディハウス横浜』横浜みなとみらい

今回の出張最終になりますカンディハウス横浜さんをご紹介します。
いつもなら高山から富山に向かい富山のお客様を訪ねた後に富山空港から
羽田にひとっ飛びするのですが、昨年の台風の被害で富山まで行くことが出
来ず名古屋まで戻り新幹線で東京まで出ました。
カンディハウス横浜さんは、みなとみらいにありますクイーンズタワーA3Fにシ
ョップがあり関東地区では一番コサイン製品を扱っていただいております。


P1010074.jpg
(ショップ入り口:ピーンと締りのある入り口から奥に北海道旭川で生産され
ている家具を中心に展示販売されています。)
こちらのショップもお客様のライフスタイルに合わせたご相談も受けられます
し、お客様に合った生活シーンを提案することも出来ます。

17.10.13.12.jpg
(コサイン製品:ショップ奥にコーナー展開されています。)

カンディハウス横浜 横浜市中区みなとみらい2-3-1クイーンズタワーA3F
TEL / 045-682-5588
OPEN (営業時間) 11:00 - 18:00
(土日祝-19:00迄)
CLOSE (休日) 毎週水曜定休

cosine 星 2005.10.13. 15:33 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月14日(金)

『CFS京都』くらしの・京都 と 家具工房”旅する木”

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんは!

午前中まで良い天気でしたが徐々に風が強くなり雨が降ってきました。
朝ジュニア(愛犬)と走っておりましたら、今年初の雪虫が飛んでいるを見ました。
トドノオオワタムシと言う虫で体長5ミリ程度、初雪が降るころ、風が吹かない暖か
い日に現れます。 雌は体に白いロウ物質をつけてフワフワ飛びます。


17.10.14.1.jpg
(白い綿状のものが付いています。)


自宅の庭にある黒ぶどうも味が乗って美味しくなりました。 さっそくご近所におす
そ分けすることにしました。 子供たちにも送って上げたいと思います。
朝のランニングを終え自宅に入り朝刊を見て居ましたら、なんとコサインが出て
いるではありませんか、それも全道版(フロンテア)です。
掲載していただきありがとうございます。 皆さ~んいらしてくださいね。
ただ、コサインの稼働日に合わせてオープンしています。
10月14日朝刊記事


●鬼さんと共に

今日は、皆空窯さんから少し下ったところにありました名水をご紹介します。
旭川の山間には名水がいたるところに沸いています。 主峰2.290mの旭岳
はじめ標高の高い山が立ち並んでいますので、そこに降り積もった雪が解け地
下水となって湧き出てくるのです。
名水の場所に行って見ると大勢の方が水を求めて来ていました。
中には車に積みきれないほどのポリタンクを積んで汲んで行く方もいます。
ここの湧き水は美瑛町で管理しているわけではなく、民間の方々で管理している
と書かれて下りました。 ですから水を汲んで行かれる方に維持管理費の心づけ
のお願いの掲示もありました。 されている方は残念ながら見かけませんでした。
その脇には木作りのお店があり蕎麦を手打ちで販売していました。
食べようかどうしょうか後髪を引かれながら次なる目的地に出発です。

17.10.14.2.jpg
(橋の両サイドからシャワー状に水が出ています。)


17.10.14.3.jpg
(カッパさんも来ていました。)


17.10.14.4.jpg
(次々と水を求めて来ています。)


17.10.14.5.jpg
(雰囲気のあるお店でした。 お蕎麦も美味しそうでした。)


『CFS京都』くらしの・京都

CFSとはコサインフレンドショップの略です。 「作る人・売る人・買う人」の距離を
縮める仕組みと場づくりがCFSです。 コサインとお店が「生活の知恵と時間の
豊かさ」を一緒になって提案し「ほんとうに欲しいものが見つかるお店づくり」を目
指しています。 CFSはコサインの「モノづくり」と「コトづくり」をコサインに変わって
お客様に説明してくださる「コサインはいつも生活者の近くにいてくれるんだ」とお
店に来てくれたお客様が感じる「ちかくのコサイン」なんです。


17.10.14.6.jpg


その中の1店、CFS京都「くらしの・京都」さんがあります。 京都市役所近くの
地下街にお店があり、ご夫婦で営んでいらっしゃいます。 お店の中にはコサイン
製品はもちろん、木にこだわらず店主が目利きした商品が販売されています。
加えて情報が豊富な店主は話し好き、知らず知らずにお客様が引き込まれ、気
が付けば家族の相談まで乗っていることもあるとか
そんなこともありこちらのお店ではオーダーテーブルの注文が多いのです。
ただ単にサイズを伺って製作するのではなく、お客様の細かな用途や希望に合
わせたテーブルを提案します。 

17.10.13.21.jpg
17.10.13.22.jpg
(今回収めたテーブルです。多目的に使えるように4分割で作りました。)


時計を買われるお客様には自宅まで伺ってナラ、メープル、ウオルナット
のいづれが似合うか合わせて販売します。 もちろんオーダーテーブルも
コサインから送ったお客様先で一緒に受け取り設置して来ます。
このようなお客様と共にのCFS店を全国に広げて行きたいと思います。
『CFS京都』くらしの・京都 京都府京都市中京区河原町御池
ゼスト御池(地下街)
TEL / 075-253-3147
OPEN (営業時間) 10:30 - 20:30
CLOSE (休日) 第3水曜定休


『家具工房”旅する木”』

ほのぼのとした商品を紹介します。 それは家具工房”旅する木”さんが作ってい
る「乳歯入れ」です。


17.10.14.7.jpg
(いただいたパンフレットです。)


子供の頃を思い出すと、確か上の歯は縁の下に、下の歯は上に掛け声を掛けて
ほおリ投げたと思います。 「ねずみの歯と変えてくれ!」なんてね。
皆さんはどうでしたか、いろいろな掛け声があったんじゃないでしょうか
今はどうなんでしょう・・・どうしているんでしょうか・・・
そのような中で、お母さんと子供たちにぴったりの商品ではないでしょうか
札幌でこつこつと手づくりにこだわって、小物からオーダー製品まで作っています。
訪ねて見てはいかがでしょうか、モエレ沼公園の近くです。

『家具工房”旅する木”』

札幌市東区中沼西1条1丁目7-12
TEL011-792-2222
FAX011-792-2210

cosine 星 2005.10.14. 21:45 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月15日(土)

『四季彩の丘』美瑛

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんにちは!

17.10.15.10.jpg
(天人峡温泉にて)

今日はどんよりとした旭川ですが皆様のところはいかがですか
今日から朝のジュニア(愛犬)の散歩はマラソン大会出場も今年は終わりました
ので自転車にしました。
これも中々体力がいるものです。 急に止まったりするものですから危ない、危
ない雪が降り積もると徒歩に変わります。


17.10.15.11.jpg
(天人峡温泉にて)


今日はコサイン稼働日です。 昨日新聞で紹介していただきましたので
お電話をいただいたり知人がこられ「これかい」なんて見ていかれました。
今は12月に発行するカタログつくりも進んでいます。
出来ることは自分達の手で進めています。
18年度版も楽しいものになりそうです期待してもいいかも

17.10.15.1.jpg
(休憩室がスタジオに早代わり。社員の松井が担当しています。)


明日の日曜日は旭川家具工業組合主催の植樹祭が開催されます。
昨年より始まったのですが、1ヘクタールに2000本のドングリの木の苗木を植
えます。 コサインからは6名参加します。 昨年はその倍ほど参加者が居まし
たが都合が付かなかったようです。 植樹祭のあとはお待ちかねのジンギスカン
を皆で食べます。 こっちが目的だったりして・・・いえいえ植樹祭です。


●鬼さんと共に

名水の場所から30分ほど車で移動し「四季彩の丘」に行きました。
美瑛町の山間に広大な広さのお花畑があり、色とりどりの花が咲いています。
昨年も妻と行きましたが、今年は2Fに食堂も備えた建物も建っていました。

17.10.15.2.jpg
17.10.15.3.jpg
(広大な土地一杯に花畑が広がっていました。)


17.10.15.4.jpg
(菜の花に蜂が蜜を求めて沢山いました。)


観光客が大勢来られるそうです。 入園料は無料ですが、こちらも心ある方は
と募金箱が置かれていました。 確かに広大な土地に植えた植物の世話をす
ることは大変なことです。 唯一収入源としては、売店はじめ園内を走らせる
バギーやカートなどの収益と聞きました。


17.10.15.5.jpg
(牛の餌にする牧草をロールにしたものに目鼻を付けてある前でパチリ!)


17.10.15.6.jpg
(来年度のためにパンジーの苗付けをしていました。 数回繰り返し畑に
植え込むそうです。 こんなに手間がかかるんですね。)


売店では取れたての野菜(カボチャ、イモ)で作ったコロッケが美味しかった。
すっかりお腹が空いてしまいましたので、向かいにあるログハウスのレスト
ランで昼食を取ることにしました。


17.10.15.7.jpg
(中はこじんまりとし、家庭的なお店でした。 まどからも雄大な大雪山連峰の
山々も見えますし、どこまでも続く畑も見え癒されます。
全国から来られた方のメモ帳がありましたが、みなさん楽しんで行かれたよう
です。)


17.10.15.8.jpg
(何がお勧めかと聞きましたら、神戸牛が入ったカレーと、それをいただくことに
しました。)


お腹も一杯になったし次へ行こう!

cosine 星 2005.10.15. 14:46 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月17日(月)

『植樹祭』旭川

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんは!

17.10.17.9.jpg
(天人峡遊歩道)

日曜日はいかが過ごされましたでしょうか
私は、家具組合の植樹祭に参加しました。
昨年に続いて2回目になりますが、旭川家具工業組合主催で1ヘクタールに
2000本の苗木を植えます。 約180名の家具職人はじめ関係者により行い
ました。 コサインからも私含め6名参加しました。
コサインの考え方の中に「次代の人々のために樹木を育成する。」とあります
その一つとして参加でき嬉しく思います。

17.10.17.5.jpg
17.10.17.6.jpg


今年はJR北海道さんから2000本の苗木を寄贈していただきました。
ありがとうございました。 1年育成した苗なので昨年より手早くできました。
植樹が終わりましたらもう一つの楽しみジンギスカン。
おにぎり片手に皆でいただくジンギスカンは最高に美味しかったです。
朝一番と作業中に雨に当たりましたが無事日程を終了。
皆様お疲れさまでした。 やっぱ~自然は元気をくれます。 ありがとう!


17.10.17.7.jpg
(コサイン植樹隊です)

17.10.17.8.jpg
(こちらはジンギスカン食べたいでした。親父ギャグでゴメンネ!)


●鬼さんと共に

鬼さんと共にも今日でおしまいです。
四季彩の丘を見、ログハウス風レストランでカレーを食べ最終予定の拓真館に
向かいました。 


17.10.17.1.jpg

17.10.17.2.jpg

皆さんご存知の写真家前田真三さんの写真館です。 
何度伺っても写真の美しさには魅了されてしまいます。 最近は海外の観光客
も来られていますので、館内でも賑やかに言葉が飛び交っています。
道を挟んでお土産屋さんの建物もあります。 コサイン創業当初にフォトフレーム
を作っていたときに、前田真三さんのポストカードを入れて販売していました。
もちろん承諾をいただいてです。 そんなことを思い出しました。

17.10.17.3.jpg

17.10.17.4.jpg
外では、ラベンダーを来年に向け育成している様子が見えました。 四季彩の丘
さんも同じでしたね。 影の努力に感謝しつつ旭川に戻って来ました。 
一日お疲れ様でした。
さ!鬼さん一杯行きますかー! (ゆっくりとうなずく鬼さんでした。)
明日は愛する奥さんの元に帰って行くのです。 お疲れ様でした。オシマイ

cosine 星 2005.10.17. 18:53 | | コメント (2) | トラックバック (0)
            

2005年10月18日(火)

『toilな旅』 その1

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんは!

17.10.18.1.jpg
(天人峡遊歩道から)


今日も暖かな一日でした。 
ラジオを聞いていましたら札幌の方が口を空けていられない程雪虫が舞っていた
と言ってましたが、さっぱり見かけません。
ジュニアと走る通りのナナカマドがすっかり色づいてしまいました。 他にもイチョウ
の木やサクラの木の葉それぞれ色合いが違います。 それらが交じり合った落ち
葉はとっても綺麗です。
それと、今街路樹の剪定が行われ、次に雪囲いされ着々と冬の準備に入っていく
のです。

●同窓会総会

先日の15日高校の同窓会総会が開催されました。 私は今回当番期に当たり準
備から当日までお手伝いさせていただきました。 出張の合間にですからたいした
ことは出来ず、欠席裁判で総合司会を担当することになってしまいました。
約120名の参加でした。 実際にはその何十倍もの卒業生が居るのですが、クラ
ス会とは違い参加者も少ないのですが大先輩が楽しみに参加されています。
会場で出会った方が普段知らずにお付き合いさせていただいている方もいらした
りしてつい微笑んでしまいます。


17.10.18.2.jpg
(閉めの万歳三唱の前のスピーチを聞いています。)


●toilな旅

コサイン季節の手紙[といる]vol.7で「toilな旅・旭川木の国めぐり」を9月に
2泊3日で計画しましたが、残念ながら今回の計画は中止となりました。
素人の乗りで計画した甘さだったと思います。
今回たまたまお客様が旭川に遊びに行きたいな~と言われていたので、2泊
3日のスケジュールを立て誘って見ました。
「行きた~い!」と言う返事をいただき、先日いらっしゃいました。

ちょうど私が10Kmのマラソンに参加した日でした。
何時になく良いタイムで早々に自宅に戻りシャワーを浴びホテルに迎えに行く
事にしました。 ホテル近くで携帯に電話しましたら、今旭川空港に着いて旭川
行きバスに乗ったとの事、羽田で滑走路が1本使えず1時間送れたそうです。

来るまでに30分ほど時間がありましたので、旭川駅構内に行って見ると、新しく
観光案内センターが出来ていました。 旭川空港もそうですが、それぞれの観光
地や主だったお店のパンフレットがおいてありました。 ここで情報収集し観光し
て見るのも良いと思います。 旭川市内でも楽しめるところはあえいます。

待つこと30分、空港からのバスが着きtoilな旅の始まりです。 まずは旭川と言
えば・・・そうです動物園です。 途中で旭川ラーメンを食べようと思いましたが、混
んでおり待っていると動物園を見る時間が短くなるので、お昼は我慢することに。
やはり日曜ともあって大変混んでいました。
私はその前の週に社員研修で動物園に行き元園長に案内していただきましたの
で、しったかぶりし案内することにしました。


17.10.18.3.jpg
(お客様でいっぱいでしょう)


17.10.18.4.jpg
(正門から入りはじめに目に入ってくるのは色あざやかなフラミンゴです。
フラミンゴの足の中間にある関節は人で言うと足首に当たるそうです。)


17.10.18.5.jpg
(つづいて、ととりの村があり沢山の鳥が居ます。 池を全てネットで囲ったの
で逃げてしまう事もなく、外敵からも守られ危険を感じると飛べるので、その分
人の近くまで近づいて来ます。

●記憶の中の風景

先日ご写真展のご案内をいただきました。

P1010002.jpg
(記憶の中の風景DM)

8月11日に紹介させていただきました雑誌「スロウ」の高原淳さんが京都
で写真展と写真集「記憶の中の風景」と北海道限定誌「northern style
スロウ」(クナウマガジン)を販売しています。
開催:10.14~10.26/open11:00~19:00(10.20休)
場所:「Gallery・DOT」
    京都市左京区下鴨西林町11-2
    TEL&FAX075-722-0658
     http://www8.plala.or.jp/artc-dot/

P1010003.jpg
(フリーペーパーチビスロウ)

本誌「スロウ」とは別にサイズを小さくし製作された「チビスロウ」道の駅などに
置かれているそうです。 北海道から自身を持ってお勧めしたいです。
ナチュラルな感じがとっても素敵なんです。 是非見ていただきたいです。
北海道の素晴らしさをさらに味わっていただけますよ。

cosine 星 2005.10.18. 20:11 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月19日(水)

『toilな旅』 その2

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんは!

17.10.19.9.jpg
(天人峡遊歩道にて10.6撮影)


今朝はシバレました。 天気予報では1℃になっていますが、氷点下を下回った
と思いますよ。 だって、車のウインドウや屋根がシバレていましたからね。
昨年より十数日早く霜や氷が張ったそうです。
今年は遅いとばかり思っていましたら早かったんですって

17.10.19.1.jpg
(ウインドウがシバレています。)

田んぼもこの通り稲が刈り取られすっきりとしました。
お店にも既に新米が販売されています。
テレビで見ましたが新潟は大変ですね。 地震の影響で畑も住宅も見捨てて移転
しなければならない、移転先は用意されても後は自己負担とか・・・
お年寄りなどは大変です。 農家で使う丸い屋根の建物を活用し住宅にし、現在
の場所に建てると出ていました。 自分が体験したわけではないので大変さは、
わかりませんが、なんとも言えない想いで見ていました。

17.10.19.2.jpg
(田んぼがすっきりと5分刈りになっちゃいました。)

これからは雪囲いと共に、漬物を漬けるシーズンです。 各家で自慢の漬物を漬
けます。 我が家も妻が漬けますが、母の味にはかないません。
漬物と言ったらコサインのスタッフの菅原さんです。 色々な漬物を作り会社に持
って来てくれご馳走になっています。 今年も楽しみです。

17.10.19.3.jpg
(漬物用の大根を干しています。)


また、今朝のNHKニュースでチャリンコの共同使用について東京世田谷
区でスタートしたと「セタチャリ」て言ってた気がしましたが・・・
世田谷区の各駅に自転車があり登録した人が使用して、世田谷区内の
駅から駅に乗り降りしてよいというものです。
このことで、自転車の数も減る予測です。
私も前々から思っていましたが、各家庭も同じ方法がとれればよいので
はと、だれが乗ったのかわからない自転車が放置されていたり、チョイ乗
りとか言って他人の自転車を乗り継いで行く族もいます。
私の自宅でも自転車が無くなってしまったのですが、車庫の脇に見たこと
もない自転車がありました。 乗り継いで行かれたんです。
持っていかれた人も探さないそうです。また買えばよいってね。


●toilな旅

続きです。 来園者で混んでいましたので、園内をさまよいながら見てきました。
ペンギン館に行きましたが水中トンネルは超満員でしたのでまずはパスです。
まずは外から見ることに、運良くテレビで見かける坂東副園長さんがペンギン
館にいて、来園者にペンギンの説明をしていました。 

17.10.19.5.jpg
(右が坂東副園長、左の飼育展示係りの女性もテレビに)

ペンギンが餌をねだるときに足元に来て突っつくと言うか、くちばしではさんで
来るそうです。それが痛いといったらたまらんそうで、時には怪我をするほどだ
そうです。そんな話をしてくれました。

17.10.19.6.jpg
(ペンギンが一杯居ます。)


水中トンネルには閉館間際に行き見ることが出来ました。 お客様は感動!
びゅんびゅん泳ぐペンギンをカメラに収めていました。
歩く姿はヨチヨチでも、水の中ではすいすい泳ぐのです。 まるでペンギンが空を
飛んでいるように見えるのです。


17.10.19.8.jpg
(閉園間際に見てきました。)

17.10.19.7.jpg
(ペンギン館の中です。)

トンエンルを通り過ぎるとペンギンについての情報が沢山展示されています。
ここもじっくりと見て欲しいと展示飼育係りの方に代わって言っておこう!
内側から外の様子も見ることが出来ます。
全てに創意工夫をこらしているのが旭山動物園の特色です。 それも皆ん
な動物園のスタッフで作り上げたそうです。

さて、明日より10月の出張に出かけます。 27日まで日誌もお休みをいた
だきます。 日誌もこれで273日になります。 はじめたのは昨年の10月
13日からです。 何か300回記念をしたらと言われていますが・・・です。

紅葉ばかりでは飽きてしまったのではないでしょうか、出張でご紹介できる
ことがあればと期待し行ってきます。
帰ってきたら雪なんてことは無いことを祈ります。 だって家まだ雪囲いして
いないんですもの、お願い雪よ降らないでー!

cosine 星 2005.10.19. 18:37 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月28日(金)

『toilな旅』 その3

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんは!

17.10.28.01.jpg
(旭岳にて高山植物)

九日ぶりですが、皆様お変わりありませんか?
昨晩出張から帰ってきました。 旭川空港には19時30分頃に降り立ちました。
地上気温5℃、一度雪が舞ったそうですが積もるまでにはこれからです。
大阪、東京都と訪ねて来ましたが、こちらから比べると暖かです。
毎日汗だくでお客様を訪ねていました。

今日は机の上の仕事を整理しようやく日誌にたどり着きました。
ですから頭の中は空っぽです。 ・・・そうです何時もと同じです。
何とか思い出しながら19日の続き『toilな旅』を雪が降らないうちにご紹介しま
しょうね

●toilな旅

10月10日体育の日、朝は10時にコサインに集合し大雪山連峰の旭岳
に行くことにしました。 お客様と共に4名で向かいました。
前回と同じく目的地に向かう道路の両側の山々は赤や黄色に木の葉が
紅葉し絵にも描けない美しさです。 車で走ること1時間弱で旭岳の麓に
着きました。 さっそく101名乗りのロープーウエーで中腹にあります
姿見駅まで向かいます。 ワイヤーロープを支える鉄塔にさしかかるたび
にゴンドラが大きく揺れ歓声が上がります。


17.10.28.1.jpg
(ロープーウエーから見おろす山々の紅葉)


17.10.28.12.jpg


駅に降り立つと、ナナカマドの木が迎えてくれます。木の生息限界を超え
ているので、葉っぱが少なく実だけ残っていました。 周りはハイ松と高山
植物だけです。


17.10.28.13.jpg


遠くに見えるのが2.290mの旭岳です。 私達は途中にある姿見の池ま
で行くことにしました。 頂上へは夏はまだしも、今は重装備しなければ寒く
て寒くて・・・ このときヘリコプターが繰り返し飛んでくるので、空からの観光
かと思いきやあとからわかったのですが、山に登り約束の時間に戻ってこ
ない方の捜索していたそうです。


17.10.28.15.jpg


それでは出発です。 20代の頃は毎年頂上に登っていました。 山を下りな
がら来週登る山を決めていました。 そんな仲間もすっかり仕事人間になって
しまい、いや体力が落ちてしまった方ですかね。 
このような機会でもなければ登ることもありません。 お客様に感謝です。


17.10.28.14.jpg
途中途中には高山植物が可愛らしく見かけられます。 春夏は花が咲き
これまた綺麗です。 どこかの山に登ったときに高山植物は「手で取らない
でカメラで撮ってください。」と看板があったのを思い出しました。 


17.10.28.16.jpg

到着しました。 歩くこと30分ほどで姿見の池に着きました。 旭岳の主峰が
鏡に映ったように、鮮やかに写るところから名前は来ているんではないでしょ
うか あいにくお天気が悪くすっきりと主峰が見えませんでしたが雄大さを満喫
していただけたと思います。

cosine 星 2005.10.28. 21:57 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月29日(土)

『toilな旅』その4

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんは!

17.10.29.4.jpg
(旭岳の遊歩道にあった看板、ホシガラスなんているんですね。)


今日は一日雨が降っていました。 きっと大雪山連峰は雪が降っていることでしょう
明日こそ天気にな~れ だって、やること一杯なんですから
今朝のラジオで、今年はお米が豊作と言ってましたが、それは良かったと言う話で
はなく、価格が安くなってしまうと言う話でした。
豊作の時こそ生産者が潤わなければ何時潤うことが出来るのでしょね。

ジュニア(愛犬)と走る通りの一画も最近宅地になってしまいました。 そんなことも
手放す要因になっているのかも・・・ 田んぼが無くなるのは淋しい~!
明日はお世話になっている矢三果樹園に伺い芋(キタアカリ)を分けてもらいに行
って来ます。 畑は収穫が終わり休みに入っていることでしょう


●toilな旅

旭岳散策の続き
2000m級の山々が連なる大雪山(たいせつざん)連峰は、アイヌの人々が「カムイ・
ミンタラ(神々の庭)」と呼んだほど、美しい山岳風景その主峰が北海道最高峰・標高
2290mの旭岳です。 ロープウェーで標高1600m地点まで行くことが出来るので
す。 終点の姿見(すがたみ)駅からは姿見の池を目指して行くコースと、周りをぐ
るっと一回りするなどの時間と体力に合わせて散策することが出来ます。


17.10.29.1.jpg
(姿見の池からロープーウェー姿見駅が見えます。)


17.10.29.2.jpg
(姿見の池右脇に建っている石室。 下から二階まではしごがかかっていました。
雪が降り積もり二階から出入りするんでしょうか、何かおとぎの国の建物のよう
に見えませんか)


噴煙を上げる地獄谷の様子も見ることができる。
私達は最長のコースを一回りし姿見駅からロープウェーて下りました。 
冬はとても厳しい山々になり楽しむには覚悟がいります。 天気が良ければ姿見駅
からホテルがある下までスキーで滑ることが出来ます。 
もちろん20代の頃は毎年滑りに行きました。


17.10.29.3.jpg
(凄い勢いで熱風が旭岳の斜面のあちらこちらに出ています。近くまで行くことが出
来ます。 さすがに温泉卵を作って販売するまで観光地化されていないところがい
い)


17.10.29.8.jpg
(遊歩道の途中にも池が点在しています。どれも澄んでいました。)

17.10.29.9.jpg
(この穴から暖かい空気が出ていました。)


ロープウェーを降りさっそく目的の一つの温泉に行きました。 前日行った温泉とは
比べようがないほど空いておりゆったりと浸かってきました。
休みになると缶ビールを持って温泉に出かけ一日過ごしてくると言う方がいましたが
わかるな~。 これからは雪に囲まれた露天風呂も最高です。

cosine 星 2005.10.29. 16:44 | | コメント (0) | トラックバック (0)
            

2005年10月31日(月)

『toilな旅』最終章

◎◎◎旭川のお天気◎◎◎


皆さんこんばんは!

17.10.31.1.jpg
(果樹園で見つけた一位の実)


10月最終日今年も残り2ヶ月ですね。早~い!
昨日は果樹園にじやがいもをいただきに行きました。
果樹園と言っても今は農産物の収穫の方が多いのです。
春はさくらんぼが沢山収穫できます。
じゃがいもも沢山作っており、キタアカリ、レッドムーン・トーヤなどの品種を
作っています。 小さい物までデンプンとして加工されるのです。
なんだかんだしているうちに自宅に戻ったのが午後3時過ぎ、庭の片付け
を少ししたら暗くなり、庭木の囲いは待ち越しです。

17.10.31.2.jpg
(果樹園にて:りんごの若木)


●toilな旅

続きです。

image16.jpg
(雪の美術館)


17.10.31.11.jpg
(優佳良(ユーカラ)織工芸館)


楽しんだ旭川toilな旅も最終日、午後一の飛行機でゲストさんも帰ります。
最終日は旭川の名所である北海道伝統美術工芸村にある雪の美術館を見に
行きました。 雪の美術館は旭川市内を一望する丘に建ち、一見教会を思わ
せる白亜の建物です。 同じ場所には優佳良織工芸館と染色美術館があります。
今回は時間がなかったので雪の美術館のみ見学することにしました。 施設の
大部分は地下18mの大きな空間にあります。


17.10.31.12.jpg
(六角形の螺旋階段の中央に噴水があり投げ銭で一杯になっていました。)


六角形の螺旋階段を降りると、氷の回廊が両側に現れます。 大滝が凍った氷
瀑を再現したとか、高さ6mの大氷柱が両面62mにわたって並びガラス1枚で隔
てられた氷室と回廊の温度差は40度近くなのに水滴ひとつついていません。
不思議でしょう? 管理が大変だそうです。


17.10.31.13.jpg
(みごとな氷柱が廊下の両サイドに見ることが出来ます。)


次は雪の結晶の顕微鏡写真を30㎝大に拡大したものを、200枚万華鏡のよう
に展示したクリスタルルーム。ひとつとして同じものがないとゲストさんも感激!


17.10.31.14.jpg
(ぐるりに氷の結晶が青白く映し出されていました。)


17.10.31.15.jpg
(それぞれ氷についてビデオが映し出されている部屋がありました。)


美術館の中央の空間には200席ある音楽堂があります。 雪の丘を模した舞
台の周りを雪解け水のせせらぎが聞こえて来ます。 ドーム状の天井には7人
の画家が、延べ2年間かけて制作したといわれています28000号の油彩「北
の空」が広がっています。 ここでは演奏会や結婚式が行われています。


17.10.31.16.jpg
(見事な音楽堂です。)


17.10.31.17.jpg
(脇にはショップがあり優佳良織で作られた商品が販売されていました。)

北海道伝統美術工芸村


以上で2泊3日の旅は終わりました。 十分に楽しんでいただけたでしょうか、心
残りは旭川ラーメンを食べていただく時間がなかった事です。 また来てください
ね。 私も楽しませていただきました。 ありがとうございました。

cosine 星 2005.10.31. 18:33 | | コメント (0) | トラックバック (0)